なぜ読書は良いか?(withoutの表現)

GLJ英語学院代表の安田です。

 

ロックダウン中のシドニーですが、
気温は25度、穏やかな小春日和でした。

 

10月の1週目から始まる夏時間が
待ち遠しいですね。

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、
【なぜ読書は良いか?(withoutの表現)】です。

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【なぜ読書は良いか?(withoutの表現)

本日の記事タイトルは

7 Reasons to Read Books

直訳すると

7つの理由、本を読むための」

ですね。

簡単に意訳すると

「なぜ読書は良いか?」

ですね。

 

インターネットの普及により
我々は情報過多の時代の
真っ只中にいます。

 

今回の記事では、そんなデジタル化された
情報過多な時代だからことアナログな本の
良さを再認識し本を読む習慣をつけましょうと
書かれていました。

 

電子書籍の登場により
媒体も紙からデジタルへと
移行してきています。

 

しかし、本を読む、活字を読むという
行為自体は変わっていません。

 

せっかくの機会です。
「読書」について今一度
考えてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、withoutの表現を
見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

You can read on public transportation

without bothering anyone else, 

you can read in bed without keeping 

your partner awake.

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

public

意味:公共の・公営の(形容詞)

発音:パブリック(リッは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:puu

 

transportation

意味:輸送・運輸・運搬(名詞)

発音:トランスポーテイション(ランは舌先を喉元奥の方へ)

<一番強く発音する箇所:traataa

 

bother

意味:~に迷惑を掛ける・~の邪魔をする(動詞)

発音:バザー(ザーは舌先を喉元奥の方へ)

<一番強く発音する箇所:boo

 

anyone else

意味:他人(名詞)

発音:エニワン エルス(ルは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:anya

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:公共の・公営の(形容詞)

2:輸送・運輸・運搬(名詞)

3:~に迷惑を掛ける・~の邪魔をする(動詞)

4:他人(名詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: public

available for anyone to use:

2: transportation

a system or method for carrying passengers

or goods from one place to another:

3: bother

to make someone feel slightly worried, 

upset, or concerned:

4: anyone else

Any other person:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You can read on public transportation

without bothering anyone else, 

you can read in bed without keeping 

your partner awake.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunking 1★】

You can read on public transportation

without bothering anyone else,=

<直訳1>

あなたは(本が)読めるよ、

公共交通機関でね、邪魔なしで、他人の、

【★chunking 2★】

=you can read in bed without keeping 

your partner awake.=

<直訳2>

あなたは(本が)読めるよ、ベッドでね、

睡眠を妨げない、あなたのパートナーの

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

 

You can read on public transportation

without bothering anyone else, 

you can read in bed without keeping 

your partner awake.

 

<解答例>

You can read できるよ、on public transportation でね、

without bothering で、anyone else の、 

you can read できるよ、in bed でね、

without keeping で、your partner awake の。

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。
スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You can read on public transportation /

without bothering anyone else, /

you can read in bed / without keeping 

your partner awake. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3l285DY

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」
オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You can read / on public transportation /

without bothering / anyone else, /

you can read / in bed / without keeping / 

your partner awake. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3n8Jznn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

 

今回の記事の中で登場したwithout
「前置詞without 動名詞」
という形で使われます。

 

動名詞は、ご存じのとおり、
動詞の原形に~ingを付けたもの。

 

前置詞withoutの後ろに動詞が来る場合は
動名詞にしなければならないという
英文法の基本ルールがあります。

 

ただし、そこまで難しく考える必要は
全くありません。

 

前置詞withoutの後ろに動作を
演出したい時は動詞に~ing形を付けて
「活き活きした感じを演出する」
とだけ覚えておきましょう。

 

本日は以上です。

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://goo.gl/O9t4g4

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は

「なぜ読書は良いか?」

がテーマでした。

記事のおさらいをすると

 

1. Reading provides an escape from reality

2. Reading stimulates your imagination

3. Reading helps you to improve your vocabulary

4. You can read anywhere without disturbing people around you

5. It’s informative

6. Reading encourages others

7. Books are usually better than the movie versions

1:読書は現実逃避

2:読書は想像力をかき立てる

3:読書は語彙を増やす

4:邪魔が入らず本が読める

5:読書は知識を与える

6:読書は周りの人を後押しする

7:本は映画より良い

 

今回の記事で注目するところは

5. It’s informative
5:読書は知識を与える

 

「受動的」に楽しめる
テレビや映画などと違い
読書は「能動的」に理解する
必要があると言われていますよね。

 

まさにそのとおりで、
活字の文章を理解するには、
記憶力・思考力・想像力など
さまざまな能力を必要とします。

 

また、文章の内容を理解することに
意識を集中させるため、
集中力アップにも繋がるのです。

 

これは英語学習にも当てはまることで、
英語の文章や本を読むという行為は
歳を重ねるごとに減ってきます。

 

日本語の文章や本を読む頻度より
はるかに少ないにも関わらず。

 

これでは英文の意味理解もできないですし、
語彙も増えるはずがありませんよね。

 

会話中心の学習や文法の意味理解も
英語学習において大事な要素ですが、
英語回路トレーニングでは
読むことにも重点を置き、
リーディングのトレーニングも行います。

 

大人になってから英語を学ぶのであれば、
読めて、聞けて、書けて、話せて
という順番です。

 

文章を「読む力」をつける
ことにも力を注いでみましょう。

 

そうすれば、おのずと「聞く力」
「書く力」そして「話す力」が短期間で
備わっていきます。

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Rubbish」=「くだらない・ばかげた」

 

元々はゴミ・がらくたという意味で
イギリスのスラングですが、
オーストラリアでも良く使われる英語表現です。

John is rubbish at tennis.

ジョンのテニスは全然ダメだよ。

 

こんな使い方もできます。

 

同じゴミでもアメリカでは
TrashもしくはGarbageですよね。

 

ちなみにゴミ箱は

Rubbish Bin(豪)

Trash Can(米)

庭のことも

Yard(豪)

Garden(米)

と英語の単語自体が違います。

 

オーストラリアに来るときは
使う単語に気を付けてくださいね。

 

もちろんスラングでなくとも
全然通じますが・・・(笑)

 

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

 

本日は以上です。
週末開けにまたお会いしましょう!

 

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

GLJ英語学院代表
安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!