1日6分で人生が変わる?(to+ing形の感じ方)

GLJ英語学院代表の安田です。

シドニーは夏真っ只中です・・・

毎度のことですが、同じ地球上で

季節が真逆というのも不思議なものですね。

さて、本日の英語回路トレーニングは、

【1日6分で人生が変わる?(to+ing形の感じ方)】

です。

それでは、本日もいってみましょう!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【1日6分で人生が変わる?(to+ing形の感じ方)】

How to Transform Your Life in 6 Minutes a Day

直訳すると

「どう変えるか、あなたの人生を、6分で1日」

ですね。

簡単に意訳すると

「どうやって1日6分であなたの人生を変えるか?」

ですね。

本日は1日6分の行動習慣で自分の目指す

ゴールを手に入れる内容からです。

記事の中で紹介されていた

それぞれの行動習慣の頭文字を取って

「SAVERS」

と名付けられた6つの行動習慣は

どれも1分で終えるように指示されています。

確かに慣れれば1分ぐらいで終わる

内容なので直ぐに実践できますし、

とても有益だと感じましたね。

僕自身、今回の「SAVERS」を取り入れて

もう一度朝の行動習慣を見直そうと思います。

それではto+ing形(doではなく)の

感じ方について理解しましょう!

【Today’s Sentence】

To create the Level 10 life that

you ultimately want,

you must first dedicate time each day

to becoming a Level 10 person

who is capable of creating and sustaining

that level of success.

■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

【ultimately】

意味:究極的に(副詞)

発音:アルティメトリィ(リィは舌先上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:ultのu(a)>

【dedicate】

意味:ささげる(動詞)

発音:デディケイト(ディは舌先上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:dedのe>

【capable】

意味:能力ある(形容詞)

発音:ケイパボゥ(ボゥは舌先上下前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:caのa(ei)>

【sustain】

意味:維持する(動詞)

発音:サステイン(ンは舌先上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:tainのa(ei)>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

1:究極的に(副詞)

2:ささげる(動詞)

3:能力ある(形容詞)

4:維持する(動詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

1秒以内で答えられたら次の英訳を”味わって”下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【1: ultimately】

⇒finally, after everything else

has been done or considered:

【2: dedicate】

⇒to give all your attention and

effort to one particular thing:

【3: capable】

⇒able to do things well:

【4: sustain】

⇒to make something continue to exis

■ ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から

英語のまま理解できるように

直訳技術を磨いて行きましょう!

英語を意訳しているうちは

絶対に英語のまま理解する事は

できません。

最初は日本語だけの直訳でも良いので、

次第に日本語訳にするまでも無いものは

そのまま英語で考えて行きましょう!

最終的に全て英語になったら・・・

それが当たり前ですが英語を英語で

捉えている証拠です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

To create the Level 10 life that

you ultimately want,

you must first dedicate time each day

to becoming a Level 10 person

who is capable of creating and sustaining

that level of success.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【★chunk 1★】

=To create the Level 10 life that

you ultimately want,=

<直訳1>

創り出すことはね、そのレベル10の人生を、

(that こちら)あなたが究極に望む、

【★chunk 2★】

=you must first dedicate time each day

to becoming a Level 10 person=

<直訳2>

あなたは最初に捧げなければいけないよ、

時間をね、それぞれの日に、成るためにね、

レベル10の人間に、

【★chunk 3★】

=who is capable of creating and sustaining

that level of success.=

<直訳3>

(who だれ?)それは能力ある、創り出す事も

持続する事もさ、そのレベルの成功をね。

■ ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて

ここではなるべく英語に近い直訳で

全体を捉えるようにしましょう!

To create the Level 10 life that

you ultimately want,

you must first dedicate time each day

to becoming a Level 10 person

who is capable of creating and sustaining

that level of success.

<解答例>

To create することはね、the Level 10 life を、

(that こちら)you が ultimately want な、

you は must first dedicateだよ、time をね、

each day に、to becoming のためにね、

a Level 10 person に、

(who だれ?)is capable である、of creating も、

sustaining もさ、 that level of success をね。

■ ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の

スピード音読をして行きましょう。

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ

スピードのある音読をして下さい。

出来れば秒数を測って下さい。

スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

To create the Level 10 life that

you ultimately want, /

you must first dedicate time each day

to becoming a Level 10 person /

who is capable of creating and sustaining

that level of success. /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

■ ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに

そこに感情を込めて発話実感と共に

相手に伝えている意識を持って行う

オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む

(wellやyou knowといった繋ぎ言葉を

入れても良い)あるいは手などを動かしながら

読むとより実践的でかつ効果的です。

ステップ4のスピード音読との

秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、

オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

「一読入魂!!」

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

To create / the Level 10 life / that

you ultimately want, /

you must first / dedicate time each day /

to becoming / a Level 10 person /

who is capable / of creating and sustaining /

that level of success. /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

toが来たら何でもto doで

to不定詞ではありません。

toの後には~ing形が来る事も

あり得ます。

to以下はdoなのでは?という

疑問よりも~ing形によるライブ感を

感じる方が大切です。

杓子定規にto不定詞だけの型だけを

理解せずに、toは導く矢印、

その先にたまたまdoが来ている、

doingが来ている、あるいは場所などが

来ていると感じる方が応用が効きます。

本日は以上です。

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は

「どうやって1日6分で人生を変えるか?」

でした。

Minute 1: S is for silence.

Minute 2: A is for Affirmations.

Minute 3. V is for visualization.

Minute 4. E is for exercise.

Minute 5. R is for reading.

Minute 6. S is for scribing.

記事に出ていたそれぞれの

行動習慣を1分で終わらせる。

合計6つありますので、

1日に掛かる時間はたった6分ですね。

行動習慣に関する詳細は記事を

ご覧いただきたいのですが、

全てが非常に有益な内容でした。

その中に読書も含まれていましたが、

1ページあるいは2ページぐらいの読書を

1分行うというのは結構面白いかも知れません。

継続性を重視するなら、

それぞれの行動習慣を1分で終わらせる

という制限をつけるのも1つの方法ですよね。

英語回路でも取り入れている

アファメーションや目標設定なども

1分だけ行うと制限をつければ

英語学習の習慣化に繋がります。

■ 知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

「Muso」=「ミュージシャン」

これはmusicianの短縮形で、

主にパブのバンドで音楽を演奏する

人をmusoと呼びます。

オーストラリアの酒場はパブと呼ばれ

基本的にはカウンターでお酒を買う

立ち飲みスタイルです。

24時間開いているパブもあるので

朝からお酒が飲めるのはいかにも

オーストラリアらしいですよね。

そんなオージーの生活に欠かせない

パブですが、いたるところで生バンドの

演奏を聴くことができます。

古き良き60年代、70年代の全盛期より

だいぶ数が減ったと言われていますが、

まだまだ生バンドの演奏が聞けるのは

嬉しいですよね。

ちなみに報酬は少額のおひねりをもらったり

ビールをおごってもらったりだそうです。

「昔は週末にパブで演奏するだけで

飯が食えていたんだよな~」

昔ジャズバンドのドラムを担当していた

僕の知人が遠くを見ながら語っていたのを

思い出しました・・・

生バンドの演奏を聴きながらビールを飲む。

粋ですよね~。

知っていて損はない、現地でも使える

オージースラングでした!

本日は以上です。

ここまでお読みいただき

ありがとうございました!

GLJ英語学院代表

安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!