TOEIC語順実践 16 by 実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル/ビズ英アップ!
スクール代表の東です。

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

末尾に動画解説もつけていますので
活用してくださいね。

 

今日は、Part 3 第9弾です。

 

建設会社でのやりとり、
問題に対してどう対処していくか、

 

どこでもありそうなシチュエーションです。
しっかり身につけましょう。

 

その前によ~く理解、
早速、塊訳です。

 

元の文

W:  Hi, Girolamo. I just got an e-mail from T-H-Y Incorporated. They’re wondering when we can begin building their new headquarters. They want a start date.

M: I’ve been meaning to contact them, but I’m waiting to confirm some results from the soil analysis. There’s a patch of ground that might be too moist and unstable to build on. Our analysts are doing a few more tests.

W:  Yeah, it’s probably best to wait for those results to come in before setting a definite date. In the meantime, I’ll write back and let T-H-Y know what’s going on.

(公式問題集 新形式問題対応編 Test 1, #56–58 (Part 3))

 

これを塊毎に改行します。

Hi, Girolamo.
ねえ、Girolamo

I just got an e-mail from T-H-Y Incorporated.
ちょうど受け取った e-mail を T-H-Y 社から

They’re wondering
彼らはどうかと思っている

when we can begin building their new headquarters.
いつ私たちが始めるか 建設することを 彼らの新しい本社を

They want a start date. 
彼らは欲しい 開始日を

 

ビジネスの会話、と言っても
後から出てくる専門寄りの
語句以外は、何も変わりません。

 

むしろストレートに言うだけ、
容易なくらいです。

 

フォーマル、すなわち
丁寧な言葉遣いは
ある程度心がけるべきですが、

 

ココでのように同僚同士であれば、
そこもあまり問題になりません。

 

早速、完了形の回でお話しした、
ホカホカ感を単なる過去形で
言っている、の例があるくらいですかね。

 

I just got an e-mail …

文章で書くと
I’ve just got an e-mail …

 

となる感じが、口頭だと
単に過去形になってしまっています。

 

I’ve been meaning to contact them,
ずっとしようとしていたんだ 彼らに連絡しようと

 

but I’m waiting
でも待っているんだ

 

to confirm some results from the soil analysis.
確認することを いくつかの結果を 土壌解析の

 

There’s a patch of ground
あるんだ 土地の一部が

 

that might be too moist and unstable to build on.
かもしれない あまりに水分が多く、不安定で 建設するには

 

Our analysts are doing a few more tests.
我々(分析)係員が 今やっている さらにいくつかの試験を

 

soil, analysis, moist など、
微妙に専門寄りの語彙が含まれますが、

 

普通にも使われる範囲なので
頑張って覚えちゃいましょうね。

 

ココでは I’ve been meaning
完了進行形は使えるようになるまで

 

実感するのはややハードルが高いですが
この場合は
ずっと気になっていた、しなきゃしなきゃと

 

思っていた、感を想像して
感じましょう。

 

I’ve been meaning をそのまま
覚えちゃってもいいですね。

 

Yeah, it’s probably best
そうね、それがおそらくベストね

 

to wait for those results to come in
待つのが それらの結果を 出てくるのを

 

before setting a definite date.
前に 決める 確定した日を

 

In the meantime,
その(結果を待っている)間に

 

I’ll write back
返事しておくわ

 

and let T-H-Y know what’s going on.
そして 知らせる T-H-Yに 何が起きているか
ここは感じる分にはそれほど問題
ないでしょうか。

 

ココの最初の文の
次々と言いたいことを後から
情報を足していく感じを身に着けたいです。

 

It’s probably best が文の本体で
最初に「それが多分ベストね」と言ってしまって

 

to wait for those results
それは結果を待つことで

 

(results) to come in
(結果が) 出てくるのを、

 

before setting a definite date.
する前に、確定した日を決める

 

と後ろにつけ足していく感じです。

 

この言い方をそのまま使えるようにするぞ!
という気合で感じて
そして音読で身につけましょう。

 

語句は

Incorporated 会社、主に米、社名の後に付く

headquarters 本社 一つでもsがつきます

I’ve been meaning to~ ずっと~しようとしていた

ここのmean はするつもりであること。

soil 土、土壌

analysis 解析 analyze動詞 analyst 解析する人

moist 水を(適度に)含む

(un)stable (不)安定な

what’s going on  何が起きているか

 

ということで、問題集は状況、
としてしまっています。

 

日本語的にはその方がわかりやすいですが、
私たちは英語に近いまま
何が起きているか、で感じましょうね。

 

ということで、
会社での業務上の会話、
特に難しいということはないですよね。

 

どんどん音読を進めて
使える表現を増やしていきましょう!

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!