どうやってモチベーションを上げる?(動詞+人+to do)

GLJ英語学院代表の安田です。

今日は節分ですね。

暦の上では春が始まりますが、
2月はまだまだ寒いですよね。

さて、本日の英語回路トレーニングは、

【どうやってモチベーションを上げる?(動詞+人+to do)】

です。

それでは、本日もいってみましょう!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1:本日の英語回路トレーニング
2:編集後記
3:知っ得!オージースラング

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【どうやってモチベーションを上げる?(動詞+人+to do)】

How to motivate your employees

直訳すると

「どうやって、やる気にさせるか、あなたの従業員を 」

ですね。

簡単に意訳すると

「どうやって従業員のモチベーションを上げるか」

ですね。

仕事や日々の生活で、
いまいちモチベーションを

感じられない、やる気がでない、
なんて思うこともありますよね。

簡単なモチベーションの上げ方が
あればいいなと感じるのは、

僕も同じです・・・

今回はそんな持続するのが難しいと感じる
モチベーションをどうやって上げることが
できるのか?についてです。

それでは動詞+人+to do
ついて理解しましょう!

【Today’s Sentence】

Also, according to Maslow,
a well-known researcher on motivation,

there are general types of needs
that motivate people to act:

physiological, safety, love, and esteem.

■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)
2:英単語を映像として理解する(イメージ化)
3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回
2:えくぼを作るような口の形を作る3回
3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回
4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回
5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回
6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回
7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回
8:おへその下辺りに力を入れる
9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、
長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

【well-known】

意味:有名な(形容詞)

発音:ウェルノウン(ルは舌先上前歯裏)

<一番強く発音する箇所:knowのo>

【physiological】

意味:生理的な(形容詞)

発音:フィジァラジカゥ(最後のカゥは舌先上前歯裏)

<一番強く発音する箇所:logiのo>

【esteem】

意味:尊重(名刺)

発音:エスティーム(最後のムは口元閉じる)

<一番強く発音する箇所:teemのe>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

1:有名な(形容詞)

2:生理的な(形容詞)

3:尊重(名刺)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
1秒以内で答えられたら次の英訳を”味わって”下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【1: well-known】

⇒known by a lot of people:

【2: physiological】

⇒the way in which the bodies of living things work:

【3: esteem】

⇒a feeling of respect for someone,
or a good opinion of someone:

■ ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!

英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。

最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!

最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
Also, according to Maslow,
a well-known researcher on motivation,

there are general types of needs
that motivate people to act:

physiological, safety, love, and esteem.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【★chunk 1★】

=Also, according to Maslow,
a well-known researcher on motivation,=

<直訳1>
また、マズローによると、
有名な研究者モチベーションの、

【★chunk 2★】

=there are general types of needs
that motivate people to act:=

<直訳2>
そこにはあるよ(are以下の状態)
一般的なタイプのニーズが、(thatこちら)
やる気にさせるよ人々をね、行動するために:

【★chunk 3★】

=physiological, safety, love, and esteem.=

<直訳3>
生理的な事、安全、愛、そして尊敬だよ。

■ ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

Also, according to Maslow,
a well-known researcher on motivation,

there are general types of needs
that motivate people to act:

physiological, safety, love, and esteem.

<解答例>

また、according to Maslow によると、
a well-known な researcher、on motivation の、

そこにはあるよ(are以下の状態)general types の
of needs が、(thatこちら)motivate させるよ
people をね、to act するために:

physiological, safety, love, そして esteem だよ。

■ ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

出来れば秒数を測って下さい。

スピード音読(目標5回)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
Also, according to Maslow, /
a well-known researcher on motivation, /

there are general types of needs
that motivate people to act: /

physiological, safety, love, and esteem. /

参考の音声はこちら
https://bit.ly/3AOmmvk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

■ ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellやyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

「一読入魂!!」

オーラリング音読(目標10回)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
Also, / according to Maslow, /
a well-known researcher / on motivation, /

there are general types / of needs /
that motivate people / to act: /

physiological, safety, love, / and esteem. /

参考の音声はこちら
https://bit.ly/3L4E4zC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

本当に良く動詞+人+to doという
パターンは出て来ますね。

これは慣れていないと一瞬変な解釈を
起こしてしまいますが、常に、

動詞パワーを次の人に及ぼして、
to doへ導くあるいは駆り立てるような

イメージを常に持つようにして下さい。

本日は以上です。

本日の記事は以下よりご覧いただけます。
https://bit.ly/2MLKvMe

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は、

「どうやってモチベーションを上げる?」

でしたね。

モチベーションを上げる方法は
色々ありますよね。

今回は従業員のモチベーションを上げる
事にフォーカスして書かれていましたが、

普段の生活でも同じですね。

1番簡単な方法は「作業興奮」という
脳の箇所を刺激する事です。

それは、机の整理整頓や簡単なエクササイズ
など「身体」を動かすこと。

その結果「作業興奮」という
脳の部位が刺激されるのです。

お気に入りの音楽を聞いたりする事も
効果的ですが、僕の経験上

「作業興奮」を刺激する事が
一番モチベーションを上げるのに効果的です

是非とも実践してみてください。

■ 知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

「ta」=「ありがとう」

「thank you」と同じ意味で使います。

発音は[‘t?’/’t?’h:]で[タ]になります。

この単語taで”ありがとう”の意味。

単語を短縮することが大好きな
オージーですが、さすがにこのtaは

「短すぎ!」

だと思いました(笑)。

例:
Ta, mate. It was good to know!
(ありがと。知ってて良かったよ!)

男女問わずにこのtaは使われていて
ちょっと勇気がいるかもしれませんが、

オーストラリアに来た時には是非とも
使ってみてくださいね。

Ta!

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

本日は以上です。

週末明けにまたお会いしましょう!

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

GLJ英語学院代表
安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!