希望を持つより自信を持て!(名詞+to do)

GLJ英語学院代表の安田です。

 

9月ですね。

 

オーストラリアは暦の上では春です。
日本はまだまだ猛暑が続いていますが、
熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

 

【希望を持つより自信を持て!(名詞+to do)

 

です。

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【希望を持つより自信を持て!(名詞+to do)

本日の記事タイトルは

8 Reasons Why Confidence Is Better Than Hope

直訳すると

8つの理由、なぜ自信が良いのか、希望よりも」

ですね。

簡単に意訳すると

「希望を持つより、自信を持て!」

ですね。

 

今回の記事では「自信」を持つことの大切さ
について書かれていました。

 

ほとんどの人が少なからずとも
「夢」や「希望」や「目標」を持っているはず。

 

しかし、自分には「自信」が無いという人が
多いのも事実です。

 

記事の中ではこの頭の中で考えている、
または願っている「希望」と
行動に直結する「自信」との関係を
8つの理由として述べていました。

 

「希望」と「自信」どちらもメンタル的な
要素が含まれていて、ポジティブなイメージですが
どうも違うようです。

 

それでは、名詞+to doの型を
見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

Confidence takes all your time and 

there`s no free minute to wait 

for something anymore because 

you have lots of tasks to accomplish. 

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

confidence

意味:自信・信頼・信用(名詞)

発音:コンフィデンス(フィは下唇を軽く噛む)

<一番強く発音する箇所:coo

 

anymore

意味:もはや(~しない)(副詞)

発音:エニモア(アは舌先を喉元奥の方へ)

<一番強く発音する箇所:moo

 

task

意味:仕事・職務(名詞)

発音:タスク(タは舌先を上前歯裏根元へ)

<一番強く発音する箇所:taa

 

accomplish

意味:達成する・仕上げる(動詞)

発音:アコンプリッシュ(リは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:ccoo

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:自信・信頼・信用(名詞)

2:もはや(~しない)(副詞)

3:仕事・職務(名詞)

4:達成する・仕上げる(動詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: confidence

the feeling that you can trust someone 

or something to be good, work well, 

or produce good results

2: anymore

not any longer:

3: task

a piece of work that must be done, 

especially one that is difficult or unpleasant 

or that must be done regularly:

4: accomplish

to succeed in doing something, 

especially after trying very hard:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Confidence takes all your time and 

there`s no free minute to wait 

for something anymore because 

you have lots of tasks to accomplish. 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunking 1★】

Confidence takes all your time and 

there`s no free minute to wait=

<直訳1>

自信は必要とするよ、全てのあなたの時間をね、

そしてそこにはないのさ、1分たりとも、待っている

【★chunking 2★】

=for something anymore because 

you have lots of tasks to accomplish.=

<直訳2>

何かを、もはやこれ以上、なぜならね、

あなたは持っているよ、沢山のタスクをね、

達成するための。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

 

Confidence takes all your time and 

there`s no free minute to wait 

for something anymore because 

you have lots of tasks to accomplish. 

 

<解答例>

Confidence takes だよ、all your time をね、

そして there`s なのさ、no free minute がね、 

to wait する、

for something を、anymore、なぜならね、 

you have しているよ、lots of tasks をね、

to accomplish するための。 

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。
スピード音読(目標5回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Confidence takes all your time / and 

there`s no free minute to wait 

for something anymore / because 

you have lots of tasks to accomplish. 

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3BvrKCG

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」

 

オーラリング音読(目標10回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Confidence takes all your time / and 

there`s no free minute / to wait 

for something anymore / because 

you have lots of tasks / to accomplish. 

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3Buriow

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

 

名詞+to doでも、形容詞+to doでも
疑問詞+to doでも全く同じですね。

 

toで「こちら」という風に
doの動作を導きます。

 

疑問詞では限りはありますが、
形容詞や名詞だと際限なく
創り出す事が可能です。

 

ですから日々、目につく名詞や
思いつく形容詞を使って、
適切なto doを貼付ける練習をしましょう。

 

本日は以上です。

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://goo.gl/sZCuQc

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は

「希望を持つより自信を持て!」

がテーマでした。

 

記事をおさらいすると、
素晴らしい7つの理由とは、

 

1. You know what you want

2. You don`t wait

3. You always have something to do

4. You look for the best solution

5. You`re ready for more

6. You can accept changes

7. You feel better

8. You attract successful people

 

1:何がしたいのか分かってる

2:待たない

3:いつも何かすることがある。

4:最善の解決法を探す

5:準備ができている

6:変化を受け入れる

7:気が晴れる

8 : 成功者を引き込む

 

今回の記事で注目するところは

1. You know what you want
1:何がしたいのか分かってる

6. You can accept changes
6:変化を受け入れる

 

以前にもお伝えしましたが、
「自信」とは「自分」を「信じる」
と書きますよね。

 

英語学習においてある程度の
結果を出すため、夢や希望を
叶えるためにまず必要なことは
「自信」を持つことです。

 

「自分はできないだろう」

「自分は英語を話せないだろう」

と諦めてしまわないこと。

 

大きな功績を残した人や、
夢を叶えた人というのは、
「絶対できる」という根拠のない自信を
持っていた人が多いですし

 

根拠はあとからついてくるものです。
まずは「自分なら絶対できる」という
自信を持ちましょう。

 

「考え方は一瞬で変える」ことができます。
そして、その「自信」を持ったら
即行動を起こしましょう。

 

結局のところ、行動を変えるには
考え方を変えるのが一番の近道なんですよね。

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Sorry, my bad」=「ごめん、私が悪いの」

 

これは若者の間で使われることが多い
スラングで Sorry, my mistake と同じ
意味の表現ですね。

 

基本的には相手によくないことをしてしまい、
謝る時などに使います。

 

大体の場合は
「軽いミスに対しての、謝るのが
恰好悪い、だから謝りたくない 」

 

そんな理由から若者が好んで
使うのかもしれません。

 

Did you spill coffee on my book?

僕の本にコーヒーをこぼしただろ?

Sorry, my bad!

ごめん、僕のミスだよ。

 

もちろん、本当に罪悪感がある時や、
心から謝罪したい時には、
別のフレーズを使って
謝ったほうが良いですね。

 

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

 

本日は以上です。

 

週末明けにまたお会いしましょう!
ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

GLJ英語学院代表
安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!