感謝する気持ちが成功へと導く(the moreの使い方)

GLJ英語学院代表の安田です。

 

今日は20度を超えていたので 比較的過ごしやすい一日でした。

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

 

【感謝する気持ちが成功へと導く(the moreの使い方)

 

です。

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【感謝する気持ちが成功へと導く(the moreの使い方)

 

Being grateful for what you have now 

could make you richer in the future

 

直訳すると

 

「感謝することは、あなたが持っているもの今、

あなたをさせる、より裕福に将来」

 

ですね。

 

簡単に意訳すると

「今あなたが持っているものに感謝すると

将来より裕福(成功)になる」

ですね。

 

記事内容は感謝の気持ちが経済的に成功する 理由ですが英語学習でも同じですね。

 

弊社は日本で感謝の気持ち「感謝思考」を 英語学習に取り入れるという唯一の方法を 提供しているのではないでしょうか?

 

本日はそんな感謝の気持ちが成功へ導く といった内容からです。

 

それでは、the moreの使い方を 見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

the more you appreciate 

what you currently have, 

the more likely it is that you’ll be

better off -financially- in the future.

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に 声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

appreciate

意味:感謝する(動詞)

発音:ァプリシエイト(ァは小さくリは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:appree(i)

currently

意味:今のところ(副詞)

発音:カレントリィ(リィは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:cuu(a)

likely

意味:ありそうな(形容詞)

発音:ライクリィ(リィは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:likei(ai)

well off

意味:繁栄する(形容詞)

発音:ウェルオフ(フは上前歯を下唇へ)

<一番強く発音する箇所:welle

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:感謝する(動詞)

2:今のところ(副詞)

3:ありそうな(形容詞)

4:繁栄する(形容詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: appreciate

used to thank someone in a polite way 

or to say that you are grateful for 

something they have done:

【2: currently

at the present time:

【3: likely

something that is likely will 

probably happen or is probably true:

【4: well off

having plenty of something, 

or as much of it as you need:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から 英語のまま理解できるように 直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは 絶対に英語のまま理解する事はできません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、 次第に日本語訳にするまでも無いものは そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・ それが当たり前ですが英語を英語で 捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

the more you appreciate 

what you currently have, 

the more likely it is that you’ll be

better off -financially- in the future.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunk 1★】

=the more you appreciate 

what you currently have,=

<直訳1>

もっとあなたが感謝するとね、

what 何?)あなたが今持っているものをさ、

【★chunk 2★】

=the more likely it is that you’ll be

better off -financially- in the future.

<直訳2>

もっとなるよ、それがね(that こちら)

あなたが更に繁栄するというね、経済的に将来さ。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて ここではなるべく英語に近い直訳で 全体を捉えるようにしましょう!

 

the more you appreciate 

what you currently have, 

the more likely it is that you’ll be

better off -financially- in the future.

 

<解答例>

the more you appreciate するとね、 

what 何?)you currently have 

しているものをさ、 

the more likely だよ、it がね isthat こちら) 

you’ll be better off するというね、-financially-

in the future にさ。

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。 スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

the more you appreciate 

what you currently have, /

the more likely it is that / you’ll be

better off -financially- in the future. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/2QuUKbX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに そこに感情を込めて発話実感と共に 相手に伝えている意識を持って行う オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む (wellyou knowといった繋ぎ言葉を 入れても良い)あるいは手などを動かしながら 読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との 秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、 オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」

 

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

the more you appreciate /

what you currently have, /

the more likely / it is that / you’ll be

better off / -financially- in the future. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3tWLvyP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

 

the moreが前に飛び出し 2つの発展した物語をつなぐ型は有名です。

 

それだけ実践英語でも頻繁に出て来ます。

 

ただthe moreを前に出すだけなので 構造は単純ですし、the moreに限らず 比較級という型にtheを付けて前に出せば 全て同じイメージで使えますので便利です。

 

本日は以上です。

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://bit.ly/2Jih0zw

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回の記事は

「感謝する気持ちが成功へと導く」

でした。

 

記事を読むと簡単に まとめられていますが、

 

感謝の気持ち、すなわち 「感謝思考」を持つことで 成功する理由が分かります。

 

感謝思考だけでなく他にも伝えている 英語目標の設定や時間管理法などの 要素ももちろん必要ですが、

 

感謝思考は英語学習の壁を 超える1つの手段になります。

 

15分聞き流すという居心地の良い 環境では英語は残念ながら マスターできません。

 

居心地良さそうだから皆こぞって お金と時間を投資しますが・・・

 

どうしても負荷を感じるトレーニングが 大人になってからの英語学習には 必要なのです。

 

筋トレと一緒ですね。 でも一生涯続くものじゃありません。

 

個人差もありますが平均して 6ヶ月~1年ぐらいの一定期間、 頑張るだけです。

 

その中で負荷を感じ、壁を感じたら 「冷静」にその壁を登る要素の1つに 感謝思考が存在します。

 

感謝思考を身につける 1つの方法は「両親への感謝」です。

 

それが難しい人はお世話に なった人達への感謝です。

 

我々がいま存在しているのは 両親がいるからであり、多くの人に お世話になったからです。

 

日本で英語学習している事自体が どれだけ幸せな事かと。

 

是非、感謝思考を英語学習に 取り入れてみて下さい!!

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Beg yours?」=「何て言いましたか?もう一度言ってください」

 

これはExcuse mesay again?同じ意味ですね。

 

元々は「I beg your pardon.」という フルセンテンスで使われていました。

 

これは、直訳すると

「あなたの許しを請います」

という意味になりますが、

 

I’m sorry.」よりも丁寧な表現で、 相手にとって失礼な行為を してしまった時に詫びる言葉として 使われていました。

 

Beg yours? (I beg you pardon.)

ごめんなさい、もう一度言ってくれますか。

No problem.

いいですよ。

 

その他の一般的な聞き返し方はこちらです。

Excuse me?

一番一般的なフレーズですね。

What?

きつい印象を与えるので使い方注意です。

Sorry?

Whatよりは丁寧になります。

I couldn’t catch that.

「聞き取れませんでした。」という意味で

What?Sorry?よりも丁寧な言い方です。

Do you mind repeating that?

「もう一度言ってもらえますか?」という意味で、

これも上品な言い方です。

Could you speak more slowly?

早すぎて聞き取れない時に使います。

 

様々な聞き返し方を紹介しましたが 状況に合わせて使い分けましょう。

 

知っていて損はない、現地でも使える オージースラングでした!

 

本日は以上です。 週末明けにまたお会いしましょう!

 

ここまでお読みいただき ありがとうございました!

 

GLJ英語学院代表 安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!