物事を順番にこなしていく方法?(関係詞の見分け方)

GLJ英語学院代表の安田です。

意外と知られていませんが、
日本の天気が曇りや雨だと
シドニーの天気も曇りだったり
雨だったりする確率が高いんですよね。

しかも季節に関係なく
同じ経度だからなんでしょうか・・・
(全く関係ないと思いますが)

ちなみに今日のシドニーは
雨模様です。

さて、本日の英語回路トレーニングは、

【物事を順番にこなしていく方法?(関係詞の見分け方)

です。

それでは、本日もいってみましょう!

 

英語で世界の扉を開く!
「イングリッシュゲート」

https://englishgate.jp/

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【物事を順番にこなしていく方法?(関係詞の見分け方)

本日の記事タイトルは

How to Get Stuff Done

直訳すると
「やり方、物事を終える」
ということです。

簡単に意訳すると、
「物事を順番にこなしていく方法」
ですね。

毎日の仕事が忙しく、
ひとつの業務を行っていると、
さらに別の仕事が舞い込んでくる・・・

このような状況に苦しんだ
経験はありませんか?

 僕は何度もあります(笑)
しかし、そんな想像をはるかに超えた
仕事量を抱えていながら、

どんなことにも動じることなく、
淡々とこなしていく人もいますよね。

このような人はもともと要領が
良いのでしょうか?

それとも、日々鍛えられて優先順位の
決め方を養ってきたのでしょうか?

いずれにしても、優先順位をつける
何らかの方法を持っているのは確かですよね。

今回の記事では、仕事や生活において
重要な物事を先送りにせず、
優先順位を決めて要領良くこなしていく
方法が紹介されていました。

それでは、関係詞の見分け方を
見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

You become who you associate with. 

If you want to be better, you must 

surround yourself with abundance-thinking, 

positive people and feed your mind 

with optimistic thoughts. 

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

associate

意味:付き合う・仲間に加わる(動詞)

発音:アソシエイト(ソは舌と口内上部の間に隙間を作る)

<一番強く発音する箇所:ssoo

 

surround

意味:取り囲む・周りを囲む(動詞)

発音:サラウンド(ラは舌先を喉元奥の方へ)

<一番強く発音する箇所:rouo

 

abundance

意味:溢れるほどの・豊富さ・大量(名詞)

発音:アバンダンス(バは唇を閉じる)

<一番強く発音する箇所:bunu

 

feed

意味:大きくさせる・増大させる(動詞)

発音:フィード(フィは下唇を軽く噛む)

<一番強く発音する箇所:fee

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:付き合う・仲間に加わる(動詞)

2:取り囲む・周りを囲む(動詞)

3:溢れるほどの・豊富さ・大量(名詞)

4:大きくさせる・増大させる(動詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: associate

to make a connection in your mind between 

one thing or person and another:

2: surround

to choose to have certain people or 

things near you all the time:

3: abundance

a large quantity of something:

4: feed

to increase the strength of an emotion, desire etc:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から

英語のまま理解できるように

直訳技術を磨いて行きましょう!

英語を意訳しているうちは

絶対に英語のまま理解する事は

できません。

最初は日本語だけの直訳でも良いので、

次第に日本語訳にするまでも無いものは

そのまま英語で考えて行きましょう!

最終的に全て英語になったら・・・

それが当たり前ですが英語を英語で

捉えている証拠です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You become who you associate with. 

If you want to be better, you must 

surround yourself with abundance-thinking, 

positive people and feed your mind 

with optimistic thoughts. 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunk 1★】

=You become who you associate with.

<直訳1>

あなたはなるよ、(who 誰?)

あなたが付き合う(仲間)人に、

【★chunk 2★】

=If you want to be better, you must 

surround yourself with abundance-thinking,

<直訳2>

もしあなたが欲しいならね、

より良くなることを、あなたは取り囲むべきだよ、

あなた自身を、溢れるほどの考えや、

【★chunk 3★】

=positive people and feed your mind 

with optimistic thoughts.

<直訳3>

前向きな人達で、そして大きくさせるんだよ、

あなたのマインドを、楽観的な思考でね。

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて

ここではなるべく英語に近い直訳で

全体を捉えるようにしましょう!

You become who you associate with. 

If you want to be better, you must 

surround yourself with abundance-thinking, 

positive people and feed your mind 

with optimistic thoughts. 

<解答例>

You become するよ、(who 誰?) 

you associate with . 

If you want なら、 to be better のために, 

you must だよ、surround yourself することが、

with abundance-thinking , 

positive people で、そして feed させるんだよ 

your mind を、with optimistic thoughts . 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

出来れば秒数を測って下さい。
スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You become who you associate with. /

If you want to be better, / you must 

surround yourself with abundance-thinking, /

positive people and feed your mind 

with optimistic thoughts. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3AAzRND

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

「一読入魂!!」
オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You become / who you associate with. /

If you want / to be better, / you must 

surround yourself / with abundance-thinking, /

positive people / and feed your mind /

with optimistic thoughts. 

参考の音声はこちら

https://bit.ly/2YNIF5U

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

関係詞の見分け方というのは
良く関係代名詞や関係副詞など、

あるいは複合関係代名詞やら
複合関係副詞やらで言われますが・・・

何だか良く分かりません。

これがwhoであろうと、
whichであろうと、whenであろうと、
whyであろうと、whatであろうと、

関係詞とひとくくりにまとめて、
後は疑問詞との見分け方を理解すれば、
本質は捉えています。

疑問詞は相手に答えを委ねる。
関係詞は自ら答えを導く。

これだけの違いです。

本日は以上です。
本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://bit.ly/2FP45Ds

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は

「物事を順番にこなしていく方法?」

がテーマでした。

仕事や生活においての優先順位に
関しては、何度かお伝えしています。

英語回路トレーニングでも参考に
している「7つの習慣」という書籍に
出ているマトリックスは
緊急度と重要を4つの領域に分けて

時間管理に使い非常に優れた
時間分析ツールです。

物事を先延ばしにする人は
第四領域と呼ばれる、

緊急でも重要でもないことに
時間を費やしてしまいます。

ダラダラとテレビを見たり・・・
ダラダラとSNS(ソーシャルメディアなど)・・・
意味もない無駄な行動が多い・・・

心当たりありませんか?

しかし、この第四領域で
無駄にしている時間を
緊急ではないが重要な物事が属する

第二領域にシフトさせることで
物事の優先順位が明確になり
作業効率が劇的に変わり、時間を
コントロールできるようになります。

資格の勉強や読書
筋トレ・ジョギング
リフレッシュできる趣味など
英語学習もこの領域に属します。

もちろん第四領域から第二領域へ
時間をシフトさせることは容易では
ありません。

人間は基本的に自分に甘く、楽を選んで
変化したくないものです。

そこで大事なのマインドセットが
commitment です。

約束、誓約、言質、責任、専念
などの意味がありますが、一言で言うと
「本気で腹をくくれるかどうか」です。

今あなたは英語学習に本気で取り組んでいますか?
最後に、今回の記事に出ていたこの箇所

You can ? and WILL ? do it.

Your time is now.

And people need you.

常に自分に言い聞かせてください。
必ずできる!

今しかない!
そして人は自分を必要としている!

頑張りましょう!

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Roo」=「カンガルー」

これはもうお分かりですね、

オーストラリアのシンボルと言っても
過言ではない「カンガルー」の短縮形です。

アウトバック(奥地)や内陸、郊外を
車で走っていると「カンガルー注意」の
標識を目にします。

カンガルーが突然道路に飛び出してくるので
注意してください、との意味ですが
オーストラリアならではですよね。

オーストラリアには約5,000万頭の
カンガルーが生息していると言われています。

オーストラリアの人口は2,300万程度。
人間の数より遥かに多いです(笑)。

彼らは昼間はのんびりしてますが、
夕方から早朝にかけて活発的に行動し、

突然道路に飛び出してくるため、
自動車との衝突事故が後を絶ちません。

レンタカーを借りて現地で運転される場合は、
気をつけてくださいね!

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

本日は以上です。
また週末明けにお会いしましょう!

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

GLJ英語学院代表
安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!