やらざる得ない環境で生産性が3倍に?(regardless ofの使い方)

GLJ英語学院代表の安田です。
4月も4分の1が過ぎましたね。

 

オーストラリアの年度末は6月なので
残り2ヶ月はラストスパートです!

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

【やらざる得ない環境で生産性が3倍に?(regardless ofの使い方)

です。

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング
2:編集後記
3:知っ得!オージースラング

 

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【やらざる得ない環境で生産性が3倍に?(regardless ofの使い方)

本日の記事タイトルは
#1 Secret to Tripling Your Productivity

直訳すると

「最も大事なコツ、3倍にすることの、
あなたの生産性を」

簡単に意訳すると、

「あなたの生産性を3倍にする最も大事なコツ」

ですね。

 

本日は何かを行う時にはやらざるを
得ない環境を創る事がとても大切で
あるという内容からです。

 

それを記事では

your own forcing
function of success

と名付けておりましたが

 

「何かを本当に望んでいたら、
実はそれを実現するのは簡単である。
問題は、本当に望むのが難しいことだ」

 

というのは、多くの人が実感していると思います。

 

その中でもやらざるを得ない環境を
創り出すことはとても効果的な方法の一つです。

 

それでは、regardless ofの使い方を
見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

No matter where you are in the world
and regardless of what you’re working on,
I hope you’ll start on a journey of
understanding yourself so
you can create your own forcing
functions of success.

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

 

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

 

*一番強く発音する箇所で大きく強く、
長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

regardless

意味:無頓着な・注意しない・気にしない(形容詞)

発音:リガードレス(リは舌先を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:gara

 

own

意味:自分(自身)の・独自の(形容詞)

発音:オウン(ウは唇を丸くする)

<一番強く発音する箇所:owno

 

force

意味:強いる・強制する(動詞)

発音:フォース(フォは上前歯を下唇へ)

<一番強く発音する箇所:foro

 

function

意味:機能・作用・働き(名詞)

発音:ファンクション(ンは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:funu(a)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:無頓着な・注意しない・気にしない(形容詞)

2:自分(自身)の・独自の(形容詞)

3:強いる・強制する(動詞)

4:機能・作用・働き(名詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: regardless

without being affected or
influenced by something:

2: own

used to emphasize that something belongs to
or is connected with a particular person or thing
and not any other:

3: force

to make someone do something
they do not want to do:

4: function

the purpose that something has,
or the job that someone or something does:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

No matter where you are in the world
and regardless of what you’re working on,
I hope you’ll start on a journey of
understanding yourself so
you can create your own forcing
functions of success.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【★chunk 1★】

=No matter where you are in the world
and regardless of what you’re working on,

 

<直訳1>

問題じゃないよ、どこだろうとあなたが
世界でね、そして関係ないよ、
何をあなたがやっていてもね、

 

【★chunk 2★】

=I hope you’ll start on a journey of
understanding yourself so

 

<直訳2>

私は願うよ、あなたがスタートする事を、
自分を理解する旅をね、それで

 

【★chunk 3★】

=you can create your own forcing
functions of success.

 

<直訳2>

あなたは創り出せるよ、自分の強制機能を、
成功へのね。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

 

No matter where you are in the world
and regardless of what you’re working on,
I hope you’ll start on a journey of
understanding yourself so
you can create your own forcing
functions of success.

 

<解答例>

No matter だよ、どこだろうと you
in the world でね、そして regardless of だよ、
何を you working on でもね。
私は hope するよ、you will start することを、
on a journey of understanding yourself をね、
それで you create できるよ、your own forcing
functions success へのね。

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。
スピード音読(目標5回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

No matter where you are in the world /
and regardless of what you’re working on, /
I hope you’ll start on a journey of
understanding yourself / so
you can create your own forcing
functions of success. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3wyNzzI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。
ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに

そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」

 

オーラリング音読(目標10回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

No matter / where you are / in the world /
and regardless of / what you’re working on, /
I hope / you’ll start on / a journey of
understanding yourself / so
you can create / your own forcing
functions / of success. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3mv4uyI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回は以上です。

 

regardless ofの意味は
no matterに似ていますね。

今回のチャンクもregardless of
代わりにno matter what
置き換えても問題ないです。

 

regardless ofは実践英語で
頻繁に出て来る表現ですので
是非覚えましょう!!

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://bit.ly/2HWRdLf

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回の記事は
「あなたの生産性を3倍にする最も大事なコツ」
以前お伝えした先送りを回避する内容にも近いですが、

 

何かを始めるときなど特に
やらざるを得ない環境を創り出す事は
とても有効ですね。

 

人間は元々、怠け者ですから
それを自覚した上で
色々なやらざるを得ない環境を創る
仕掛けを取り入れた方が良いです。

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

My bad」=「ごめんね・自分のミスだ」
これはオーストラリアだけでなく
英語圏でよく使われているスラングです。

 

My badは日本語でいう
「ごめんね」や「自分のミスだ」と同じ意味で
家族や友達など親しい間柄でよく使われる
かなりインフォーマルな謝り方(スラング)です。

 

I’m sorry(ごめん)と同様、
自分自身の間違いや誤り謝る時に使われますが、
そこまで深刻ではないちょっとしたミスの場合に
使うのがポイントで若者が良く使うフレーズですね。

 

Hey, did you just get mud on the floor?

ちょっと待って!さっき、床に泥を付けたの?

Oh, my bad!

ああ、僕のミスだ。

Did you spill coffee on my book?

今僕の本にコーヒーをこぼしただろ?

Whoops. My bad!

ごめんね。僕のミスだよ。

My faultと言ってもOK

 

取り返しのつかない致命的な過ちや
失敗などを犯した時はMy badを使わず
きっちりI’m sorryと言って謝りましょう。

 

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

 

本日は以上です。
週末明けにまたお会いしましょう!

 

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

GLJ英語学院代表
安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!