自信が持てない自分を克服する(get+過去分詞)】

GLJ英語学院代表の安田です。

 

シドニーはここ数日暖かいです。 冬の「中休み」といったところでしょうか。

 

ロックダウンの規制が厳しくなり 閑散とした街で日々を過ごしております・・・

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

 

【自信が持てない自分を克服する(get+過去分詞)

 

です。

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【自信が持てない自分を克服する(get+過去分詞)

本日の記事タイトルは

How to Overcome Self-Doubt

直訳すると

「どうやって克服する、自信喪失を」

ですね。

簡単に意訳すると

「自信喪失に打ち勝つ方法」

ですね。

 

本日は自信喪失に打ち勝つ方法として 挙げられていた内容からです。

 

仕事や対人関係に自信がなかったり、 大勢の人前で緊張して自信を失ったり、 重要な場面で緊張してしまったり、

 

良くある事ですね。

 

そんな時に役立つtipsでした。 その内容からget+過去分詞で 通常のbe+過去分詞との違いを 理解しましょう。

 

Today’s Sentence

The truth is, as soon as we start getting overwhelmed, 

we feel discouraged and we hit a brick wall. 

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

overwhelm

意味:圧倒する(動詞)

発音:オーヴァーウェルム(ヴァーは上前歯下唇へ)

<一番強く発音する箇所:whelme

 

discourage

意味:勇気を失わせる(動詞)

発音:ディスカリジ(カは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:couro(a)

 

brick

意味:れんが(名詞)

発音:ブリック(リッは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:brii

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:圧倒する(動詞)

2:勇気を失わせる(動詞)

3:れんが(名詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: overwhelm

if someone is overwhelmed by an emotion, 

they feel it so strongly that they cannot think clearly:

【2: discourage

to make someone less confident 

or less willing to do something:

【3: brick

a hard block of baked clay used 

for building walls, houses etc:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から 英語のまま理解できるように 直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは 絶対に英語のまま理解する事は できません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、 次第に日本語訳にするまでも無いものは そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・ それが当たり前ですが英語を英語で 捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The truth is, as soon as we start getting overwhelmed, 

we feel discouraged and we hit a brick wall.  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunk 1★】

=The truth is, as soon as we start getting overwhelmed, 

we feel discouraged and we hit a brick wall.=

<直訳1>

真実はね、直ぐに我々がスタートするとね、

圧倒される事がね、感じるよ、

勇気を失くすのがね、そしてぶつかるよ壁にさ。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて ここではなるべく英語に近い直訳で 全体を捉えるようにしましょう!

 

The truth is, as soon as we start getting overwhelmed, we feel discouraged and we hit a brick wall. 

<解答例>

The truth はね (is以下の状態), as soon as we  

start するとね、getting overwhelmed される事がね、 

we feel するよ、discouraged がね、

そして we hit するよ a brick wall にさ。 

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

 

ステップ4ではリスニングの為の スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。 スピード音読(目標5回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The truth is, as soon as we start getting overwhelmed, /

we feel discouraged and we hit a brick wall. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3Bu5GJN

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

 

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに そこに感情を込めて発話実感と共に 相手に伝えている意識を持って行う オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む (wellyou knowといった繋ぎ言葉を 入れても良い)あるいは手などを動かしながら 読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との 秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、 オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」

 

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The truth is, / as soon as we start / getting overwhelmed, /

we feel discouraged / and we hit a brick wall. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/36L7fVc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回は以上です。

 

getPPは普通の受動的な意味に 加えて能動的なイメージを持ちます。

 

それはgetを使う所から明かですが、 getを使ったある意味受動的な文は 良く使われます。

 

是非自分でもgetPPを使って 色々な文章を組み立ててみましょう!

 

本日は以上です。

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

http://goo.gl/bvs5yF

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は、

「自信喪失に打ち勝つ方法」

 

今回の記事は How to overcome self-doubt という題名でかかれています。

 

self-doubtを自信喪失 と訳される事も多いですが、 そのまんま自分を疑うという意味ですね。

 

自分を疑っているつまり 「自信喪失な状態」という事です。

 

自信とは自分を信じると書きますが、 せめて自分だけは自分を信じて あげたいものです。

 

ただ人間ですから自信が無い、 自信を失うなんて事は日常でも 良くある事で、

 

そんな時に記事に書いてあった tipsが少しは役立つと思います。

 

中でもstart smallは、「小さく始めろ」 という事ですが、自信が無い、失った時は、 大抵行動がストップしますので、 小さく小さく噛み砕いて行動する 事がベストですね。

 

例えば本を開く(読むではなく) というとても小さな行動などに 落とし込むと良いですね。

 

外へ出て景色を見ながら散歩したり、 人々をよく見たり観察したりするだけでも、 落ち着きが取り戻されたりしますので 是非とも試してみてください。

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Rellies」=「親戚」 

Relatives」が短くなった形です。

家族を大事にするオージー。

 

家族の話だけでなく 親戚の話も出てきます。

 

この「Rellies」は日常会話など 幅広い状況で多用されていますね。

 

The rellies are in town this weekend! 

今週末、親戚が遊びに来るんだ!

 

欧米では家族との時間を 大切にする習慣や文化がありますが、

 

アジア諸国、日本でも仕事と家族の バランスを考える人が増えてきていますよね。

 

仕事、家族、そして趣味。

 

多くのオージーはこのバランスを 上手く保っていると思います。

 

知っていて損はない、現地でも使える オージースラングでした!

 

本日は以上です。 ここまでお読みいただき ありがとうございました!

 

GLJ英語学院代表 安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!