この習慣で自分に自信がつく?(neither norの誤解)

GLJ英語学院代表の安田です。 今日は少し肌寒かったですが、 良い天気でした。

 

オーストラリアらしい気候ですね。

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

【この習慣で自分に自信がつく?(neither norの誤解)

です。

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【この習慣で自分に自信がつく?(neither norの誤解)

These daily habits will make you look and feel more confident

直訳すると

「これらの毎日の習慣は、あなたにする、 見た目そして感じる、より自信を」

ですね。

 

簡単に意訳すると

 

「これらの毎日の習慣はあなたにもっと自信をつける」

 

ですね。

 

自信って非常に大切ですね。

 

過信に変わったらダメですが・・・ 僕も日々自分に自信を持つよう 心掛けています。

 

本日は自信が身につく習慣として 挙げられていた内容からです。

 

それでは、neither norの誤解を 見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

The point here is neither to give yourself some kind of bogus pep talk or to berate yourself like a drill instructor. 

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に 声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

definitely

意味:確かに・間違いなく(副詞)

発音:デフィニットリ(フィは下唇を軽く噛む)

<一番強く発音する箇所:defe

 

bogus

意味:偽の(形容詞)

発音:ボウグス(グスは口元を閉じ気味で)

<一番強く発音する箇所:boou

 

pep

意味:元気(名詞)

発音:ペェプ(プは素早くはじくように)

<一番強く発音する箇所:pepe

 

berate

意味:叱りつける(動詞)

発音:ベレイト(レは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:ratea(ei)

 

drill

意味:演習(名詞)

発音:ドリゥ(ゥは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:rii

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:偽の(形容詞)

2:元気(名詞)

3:叱りつける(動詞)

4:演習(名詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: bogus

not true or real, although someone 

is trying to make you think it is:

【2: pep

physical energy:

【3: berate

to speak angrily to someone 

because they have done something wrong:

【4: drill

a method of teaching students, 

sports players etc something by making them 

repeat the same lesson, exercise etc many times:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から 英語のまま理解できるように 直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは 絶対に英語のまま理解する事は できません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、 次第に日本語訳にするまでも無いものは そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・ それが当たり前ですが英語を英語で 捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The point here is neither to give yourself some kind of bogus pep talk or to berate yourself like a drill instructor. 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【★chunk 1★】

=The point here is neither to give yourself=

<直訳1>

ここでのポイントは(is 以下の状態)、

違うんだよ、(to ⇒)与えることとはね、

あなた自身に、

【★chunk 2★】

=some kind of bogus pep talk or 

to berate yourself like a drill instructor.

<直訳2>

何か偽の元気トークを、もしくは

to ⇒)叱りつけることとはね、

あなた自身を、演習するインストラクターのようにね。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて ここではなるべく英語に近い直訳で 全体を捉えるようにしましょう!

 

The point here is neither to give yourself some kind of bogus pep talk or to berate yourself like a drill instructor. 

 

<解答例>

The point here は(is 以下の状態)neither だよ、 

to ⇒)give することとは、yourself に、 

some kind of bogus pep talk を、もしくは 

to ⇒)berate することとはね、yourself を、 

a drill instructor のようにね。 

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。 スピード音読(目標5回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The point here is neither to give yourself /

some kind of bogus pep talk / or 

to berate yourself like a drill instructor. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3ye3eoO

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

 

それでは最後の仕上げです。

 

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに そこに感情を込めて発話実感と共に 相手に伝えている意識を持って行う オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む (wellyou knowといった繋ぎ言葉を 入れても良い)あるいは手などを動かしながら 読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との 秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、 オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」

 

オーラリング音読(目標10回)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The point here / is neither to give yourself /

some kind of bogus pep talk / or 

to berate yourself / like a drill instructor. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3buko8d

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

neither A nor Bという型は ABも違うという意味では 有名なので必ずneitherの後には norが来るモノだと思っています。

 

しかし実践の英語では今回のように orが来ておりそれでも意味は通ります。

 

テストでは間違いかもしれませんが、 実践で使われているのですから 決して間違いとは言えませんね。

 

本日は以上です。 本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://bit.ly/2YpVEVX

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回の記事は

「この習慣で自分に自信がつく?」

でした。

 

以前もお伝えしましたが、 自信とは自分を信じる事です。

 

僕らは自分に自信が無いと 良く言いますが、

 

それは自分を信じていない という事と同義です。

 

自分という最も近くにいる存在を 信じてあげられないのは悲しいですよね。

 

しかしそんな自分を信じてあげられる 手段として今回の記事には 様々な習慣が出ていました。

 

全てでなくても1つでも取り入れれば 「自信」のある人生に変わるかも知れません。 是非とも実践してみましょう!

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

Selfie」=「(携帯電話で)自分撮り」

 

自分撮り写真を意味するこの 「セルフィー(Selfie)」という言葉、 今や辞書にも掲載されていますよね。

 

自撮り棒というガジェットの登場により 急速に世界中で使われ始めましたが、 実はオージースラングだったようです。

 

このスラングが生まれた詳しい経緯は ここでは割愛しますが、 あるオーストラリアの学生が オンラインフォーラムでのやり取りの中で 自分の取った写真に対して

And sorry about the focus, it was a selfie.

セルフィーなので、写真がぶれていてゴメン

 

と言ったのがSelfieの始まりだそうです。

 

日本語でも毎年新しい流行語が 出てきますが、英語圏でも同じ だということですね。

 

知っていて損はない、現地でも使える オージースラングでした!

 

本日は以上です。 ここまでお読みいただき

 

ありがとうございました! GLJ英語学院代表 安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!