よりシンプルで満ち足りた人生を!(比較級のおさらい)

GLJ英語学院代表の安田です。

 

最近シドニーは朝晩の冷え込みが厳しく
外出時には必ずジャケットを来ているのですが、

 

日中は意外と暖かくなるので
脱いだり着たりと忙しい日々です。

 

これから夏に向かう日本においては
季節感の無い話でスミマセン・・・

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

【よりシンプルで満ち足りた人生を!(比較級のおさらい)

です。

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【よりシンプルで満ち足りた人生を!(比較級のおさらい)

 

5 Strategies for Living a Simpler, Fuller Life

直訳すると

5つの方法、よりシンプルに生きるための、より満ち足りた人生」

ですね。

 

簡単に意訳すると
「よりシンプルで満ち足りた人生を送るための5つの方法」
ですね。

 

本日は人生をシンプルに生きる方法に
関する内容からです。

 

人生を何かと複雑なモノにすると
身動きも取りにくくなりますよね。

 

かといって、一口にシンプルな人生、
ミニマルな人生と言っても様々な
捉え方があります。

 

本当に必要なのは一体何なのか?

 

我々は、捨てて、辞めて、離れる勇気を
持たなければいけないのかもしれませんね。

 

そんな意味で今回の記事は
とても参考になりました。

 

それでは比較級あるいは最上級
ついて理解しましょう!

 

Today’s Sentence

In selecting my priorities each day, 

I highlight the most important tasks 

– the ones that are essential to 

my long-term personal Master Plan.

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

priority

意味:優先事項(名詞)

発音:プライオリティ(ティは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:orio

 

highlight

意味:興味を集中する(動詞)

発音:ハイライト(ライとトは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:highi(ai)

 

essential

意味:必須の(形容詞)

発音:エッセンシャゥ(ゥは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:sene

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:優先事項(名詞)

2:興味を集中する(動詞)

3:必須の(形容詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: priority

he thing that you think is most important 

and that needs attention before anything else:

【2: highlight

to make a problem or subject easy 

to notice so that people pay attention to it:

【3: essential

extremely important and necessary:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!

 

英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事はできません。

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!

 

最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

In selecting my priorities each day, 

I highlight the most important tasks 

– the ones that are essential to 

my long-term personal Master Plan.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunk 1★】

=In selecting my priorities each day, 

I highlight the most important tasks=

<直訳1>

選ぶ中でね、自分の優先事項を、毎日、

私は集中するよ、最も重要なタスクにね、

【★chunk 2★】

=- the ones that are essential to 

my long-term personal Master Plan.

<直訳2>

そうだね、そのタスク(that こちら)は

必須なヤツだよ、自分の長い個人的な

マスタープランにはね。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

 

In selecting my priorities each day, 

I highlight the most important tasks 

– the ones that are essential to 

my long-term personal Master Plan.

<解答例>

In selecting でね、my priorities を、

each day I highlight するよ、

the most important tasks にね、 

– the onesthat こちら)は are essential だよ、

to my long-term personal Master Plan にはね。

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。

 

スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

In selecting my priorities each day, /

I highlight the most important tasks /

– the ones that are essential to 

my long-term personal Master Plan. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3uBpaak

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

 

ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

「一読入魂!!」

 

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

In selecting / my priorities each day, /

I highlight / the most important tasks / 

– the ones / that are essential / to 

my long-term personal Master Plan. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/2Tjkbyb

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

比較級・最上級という仰々しい名前で
少し萎縮してしまう人達もいますが、

 

基本的に形容詞と副詞に彩りを
与える表現です。

 

それには形があって、
長い単語にはmoremost
短い単語は末尾をerestに変える。

 

これだけです(ネガティブな
イメージではlessleastもあります)。

 

比較してより~あるいは
最高・最大などと伝えたい時に
どちらか分からない時は
とりあえずmoremost
付けておけばOKです。

 

本日は以上です。

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://bit.ly/3lG6xyd

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は

「よりシンプルで満ち足りた人生を!」

でした。

 

人生はなるべくシンプルに行動する、
考える方が上手く行きますね。

 

あまり色々複雑化していくと
コントロール不能に陥ります。

 

英語学習においても、毎日のタスクを
複雑化してしまうとどれから始めれば
良いのか分からなくなってしまいます。

 

朝の15分は○○学習のみ
昼のスキマ時間30分は○○学習
夜は疲れているので○○を20分だけ
などなど・・・

 

余計なタスクを省きシンプル化することで
「すべきこと」が鮮明になってくるのです。

 

記事に書かれていた人生をシンプルにする
方法を是非取り入れてみて下さい!

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Grommet」=「若い(子供)のサーファー」

 

サーフィン大国オーストラリアでは
若い(子供)のサーファーをGrommet
もしくはさらに短くしてGromと言います。

 

対象年齢は小学生くらいまでで
中学生~高校生はJuniorと呼びます。

 

The grom surfs so well, he is a ripper!
あの若い奴サーフィンが上手いな、凄いぜ!

 

サーフカルチャーというものは独特の
イメージがあるかと思いますが、

 

オーストラリアの沿岸部では日常の風景。

 

特にローカルは根っからの海好きなので
昔からのスラングなどを使って会話をするため
オージーイングリッシュを身につけるには
最高の環境なんですね。

 

かくいう自分もローカルサーファーの
影響を受けて多くの英語やスラングを学びました。

 

良くも悪くもスラングを知るというとは
その国の歴史や背景、そして文化を
知ることでもあるのです。

 

理解が深まれば深まるほど
会話に深みも出てきますよね。

 

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

 

本日は以上です。
ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

GLJ英語学院代表
安田

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!