「free fall」と「正直に言うと」についてby 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「free fall」と「正直に言うと」という
フレーズを取り上げます。

 

「free fall」や「正直に言うと」の意味がすぐに
浮かんでこない方は、ぜひチェックしてみて下さい。

 

知っている方も、英文の中でどう使われているか、
再確認していきましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はNew York Timesから
選びました。

 

Tourism in New York City may not recover until 2025

 

タイトルを日本語に訳すと

 

「ニューヨーク市の観光業は回復しないかも知れない
2025年まで」

 

となります。

 

今日はニューヨーク市の観光業に関する英文です。

 

今回もまた新型コロナウイルスに関連した
記事になってしまいました。

 

英文ニュースを検索していると、
どうしても新型コロナウイルス関連の記事が
多くなってしまいます。

 

世界中で観光業は打撃を受けていますが、
タイトルによると、2025年まで回復しない
との見方も出てきました。

 

恐ろしいです。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Tourism in New York City will need at least
four years to recover from the free-fall
set off by the pandemic, according to a new
forecast from the city’s tourism promotion agency.

 

【pick-up vocabulary】

 

[Tourism]

意味:観光業

例文:The growth of tourism brought prosperity to the island.

 

[free fall]

意味:下落

例文:The stock exchanges go into free fall.

 

[forecast]

意味:予測

例文:The government has issued a pessimistic economic forecast.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って主語と
述語を見つけるトレーニングを行いましょう。

 

Tourism in New York City will need at least
four years to recover from the free-fall
set off by the pandemic, according to a new
forecast from the city’s tourism promotion agency.

 

において、

 

S1 (主語):Tourism

V1 (述語):will need

 

となります。

 

この英文では、「the free fall set off」に
着目してみましょう。

 

set offは「作動させる」とか「引き起こす」という
意味です。

 

今回は文脈的に
「引き起こす」
の方が、合っていますね。

 

ただし、この「set」は過去分詞です。
直前の「free fall」を修飾する形で、
「引き起こされた下落」という捉え方になります。

 

「free-fall set off by the pandemic」で
「パンデミックによって引き起こされた下落」
となります。

 

setは現在形も過去形も過去分詞形も
スペルが同じなので、要注意ですね。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳を
参考に、英文の意味を理解していきましょう。

 

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに直読直解
の日本語訳を付けて、文全体の意味をとっていきます。

 

Tourism 

観光業は

in New York City

ニューヨーク市における

will need 

必要とするでしょう

at least four years

最低でも4年を

to recover 

回復するために

from the free-fall

下落から

set off by the pandemic, 

パンデミックによって引き起こされた

according to a new forecast 

新しい予測によると

from the city’s tourism promotion agency.

市の観光業促進局からの

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Tourism in New York City will need at least
four years to recover from the free-fall
set off by the pandemic, according to a new
forecast from the city’s tourism promotion agency.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

観光業は

ニューヨーク市における

必要でしょう

最低でも4年

回復するために

下落から

パンデミックによって引き起こされた

新しい予測によると

市の観光業促進局からの

 

一度で完璧な英文には戻せません。
何度も何度も挑戦してください。
挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「to be frank」
を取り上げます。

「to be frank」は
「正直に言うと」
「はっきり言うと」

 

という意味になります。

 

frankは「正直な」とか「率直な」という意味です。

 

ちょっと本心を切り出す時に使える表現です。

 

同じ表現に
「to be honest」
があります。

 

それでは例文を見ていきましょう。

 

To be frank, I was a bit upset with you.

はっきり言うと、私はちょっとあなたにイライラしてました。

To be frank, it’s out of the question.

正直に言うと、それは問題外だよ。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は新型コロナウイルスによって大打撃を
受けた観光業関する記事から一文を抜き出しました。

 

日本でもコロナ対策と経済対策の両立に苦慮して、
go to travelなどは迷走してきています。

 

前回の記事の通り、コロナウイルスのワクチン開発も
進んでいます。

 

もう12月で、今年もあとわずかです。

 

思えば今年の1月に中国での未知のウイルス発見、
そこからの世界的流行と、今年はコロナウイルス
一色でした。

 

来年はワクチンによって、少しでも明るくなる
ことを祈っています。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

 

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!