demographics とは? 続・語順実践16

SBCグローバル/ビズ英アップ! スクール代表の東です。

 

末尾に動画解説もつけていますので 活用してくださいね。

 

続編Part 4の第7弾、 社内に新たな仲間たちを迎えてのスピーチ。

 

単純に welcome よりも緊張感のある感じで 「君たちに求められているのは」的なお話ですね。

 

普通に欠員補充でも緊張感はあるでしょうが、今回は 新しい製品ラインを立ち上げようということで 人員を集めた模様。緊張感もあって当然です。

 

早速どんな話なのか、 塊訳を見てみましょう。

 

元の文

 

Questions 89 through 91 refer to the following announcement. 

Hello, everyone. Welcome to your first day at Seaside Garments. 

We’re very excited to be working with such a talented group of graphic 

designers as we create our first young-adult clothing line. 

Since we’re expanding into a younger market, we’d like to use this opportunity 

to reinvent our image. So, the first thing we’d like you to do is take a look 

at the company logo. We’ve had it for quite a while. 

You were hired for your creativity and familiarity with the young-adult market, 

so please think about how we can appeal to this demographic as you begin your work today. 

(公式TOEIC Listening & Reading問題集5 Test 1, #89–91 (Part 4))

 

本日はオーストラリア男性のナレーション。 スクリプトを塊毎に改行します。

 

Hello, everyone. 

こんにちは、皆さん

Welcome to your first day 

ようこそ 皆さんの第一日に

at Seaside Garments.

Seaside Garments での

We’re very excited to be working 

私たちは大変喜んでいます 働くことになることを

with such a talented group of graphic designers 

このような才能あるグラフィックデザイナーの面々と

as we create our first young-adult clothing line.

私たちが生み出すにあたり、当社初のヤングアダルト衣料製品群を

 

いつものように頭から順に理解していきます。

 

まず excited to be working 

 

働いている状態を思い描いて excited している様子 ですね。なかなか日本語にしにくいですが 働くことになる、としてみました。

 

young-adult clothing line. 直訳ではヤングアダルト製品群、 アパレルのヤングアダルト向けブランドを 新設することを想像してもいいと思います。

 

young-adult, 解説では10代後半となっていて ビックリしましたが、購買力のある顧客層と 考えると、通常捉えられる、30代前半程度まで、 をイメージするのがいいでしょう。

 

後出の demographic とともに、 最後に軽く考察してみましょう。

 

社名にあるGarment は garment industry 服飾業界、など、 産業、ビジネスでの 衣料を指す場合に使われます。

 

Since we’re expanding into a younger market,

当社はより若い層の市場へ拡大していくので

we’d like to use this opportunity

この機会を活かしたい

to reinvent our image. 

刷新することに我々のイメージを

So, the first thing we’d like you to do 

従って、皆さんにしていただきたい最初のコトは

is take a look at the company logo. 

カンパニーロゴに目を向けることです

We’ve had it for quite a while.

当社はずいぶんと長い間それ(ロゴ)を持ち続けてきました

 

expand into ~ extend に似ていますが、 後者が長さを伸ばす (あまり厳密ではなく、単に大きくする場合もある) に対して面積の拡大、 面積を拡大する~の中へ、ですね。 市場は面で捉えるのがしっくりきますね。

 

would like to use this opportunity 

to reinvent our image

opportunity 機会を use 活用して、 つまり、この機を捉えて、ということですね。 そしてイメージを一新したい、と言っています。

 

reinvent はre再び invent 発明するの 文字通りの理解でいいと思います。

 

この場合は完全に作り直す、と言った感じですね。

 

それから take a look, take のサッと取るイメージもあって、 ちらっと見る、時も使いますし、 この場合の様に注意を向ける感じでも 使います。文脈で解釈するしかないですね。

 

You were hired for your creativity

皆さんは雇われた その創造性により

and familiarity with the young-adult market,

そして熟知してるため ヤングアダルト市場を

so please think about 

なので、考えて下さい

how we can appeal to this demographic 

どのようにしてこの層にアピールできるのかを

as you begin your work today.

仕事を始めるにあたり 今日

 

最後の部分は 「君たちは創造性、そして市場に精通している事 を買われてここにいる、さあ力を見せろ」 って感じですかね。期待?プレッシャー?

 

think about はよく考える感じで think of の感じる、思いつくと違うのは 前に出てきましたね。覚えてますね?

 

demographicは最後に young-adultに絡めて少々考察してみますね。

 

語句をまとめておきましょう。

 

garment 一着の衣服(可算)、通常産業に関連する場面で使われる

clothing 一般的に「衣服」(非可算)。

clothesはよりカジュアルに「服」(非可算)

talented 才能ある talent 才能、才能のある人

expand (面で)拡張する 

cf. extend (厳密ではないが原則長さを)拡張する

familiarity with   familiar with ((形)熟知している) の名詞形

 

demographic as soon as possible

さて、demographics. 元来demography, 人口統計学の 形容詞形ですが、性別、年齢層とかで人口統計を 取りますよね。マーケティング等での対象層、 例えば 30-40代、年収○○のdemographic (層)、 と言った感じの名詞としてよく出てきます。

 

便利だし、使えるとちょっとカッコイイ?と 思いますので、しっかり覚えましょうね。

 

で、その例として、年代層の表現を少々見ておきましょう。 もちろん、demographics の例としては、年代だけでなく、 性別、収入、職業、大都市在住か、等々、様々な分類が ありますので、ご興味があればいろいろ調べてみて下さい。

 

今回出てきた young adults と比較されるのは middle-aged adults, older adults はっきり言って、厳密な定義があるわけではないですし、 マーケティングの目的によっても対象年齢は変わるので 一例ではありますが、順に 18-35歳. 36-55歳, 56歳以上といったところ。

 

このほかに生年別の分け方もありますね。 Gen X, Gen Y (=Millennials), Gen Zとか 聞いたことないですか?

 

生年は順に 1965-80, 1981-1996, 1997-2015 Millennials とは21世紀初頭にyoung adult 層に 入った、というイメージだそうです。 生年別は年齢が毎年変わっていって、 めんどくさそうな気がしますね。

 

さて、英語に直接関係なかったかもしれませんが、 時にはこんな話はどうでしたか? 本日はこんなところで。

 

次回は音読をしっかり実践して、そして、 プレッシャーをかける(笑) 最後の部分、暗唱してみましょう。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

     

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!