charge, fee, fare, toll or rate? 続・語順実践13

SBCグローバル/ビズ英アップ! スクール代表の東です。

 

末尾に動画解説もつけていますので 活用してくださいね。

 

==================== toeicで高得点を取っても話せない理由とは? https://sbcglobal.jp/method-lp/ =====================

 

続編Part 4の第6弾、 Part 4も後半戦です。

 

久しぶりに電話メッセージ、 造園会社への電話メッセージで料金について

 

触れている場面で charge と rate が使い分けられていました。 (charge は動詞だったのでまあ、コジツケ) 料金に関する英語、いろいろありますよね?

 

今回の小ネタはこれ。

 

何が違うのか、見てみましょう。 一方、本文の塊訳、今回特にですかね、 日本語と言い回しが異なる表現が多く、 正直塊訳苦戦しました。

 

英語のままのほうがラクだと 皆さんも思っていただけるといいなぁ。 ということで、ぎこちなく塊訳です。

 

元の文

Questions 86 through 88 refer to the following telephone message.

Hello. This is Tonya Peterson. Your landscaping company took care of my garden last year—your crew did such a beautiful job. Are you available to help out again this year? I was hoping to maintain the garden myself, but I’m scheduled to go on several business trips and won’t have time for gardening after all. Could you please e-mail me a cost estimate as soon as possible? I remember what you charged for your services last year, but I’d like to know what your current rates are. Thanks. 

(公式TOEIC Listening & Reading問題集5 Test 1, #86–88 (Part 4))

 

本日は英国女性のナレーション。 スクリプトを塊毎に改行します。

 

Hello. This is Tonya Peterson. 

こんにちは。Tonya Peterson です

Your landscaping company took care

貴造園社は手入れしました

of my garden last year

うちの庭を 昨年

—your crew did such a beautiful job. 

御社社員はしました 大変いい仕事を

Are you available

利用できますか?

to help out again this year?

助けていただくことを 再び 今年

 

いつものように頭から順に 理解していきます。

 

最初の部分でまずぎこちないのは available to help out 上の日本語直訳、わかりにくいですよね。

 

会社(you) が available ですか? つまり、人的、時間的に塞がっている 状態ではなく サービスを提供できるか どうかの確認ですね。

 

そして to help out 日本語でも言うでしょ、 助け出す、救出する、 窮状から救い出すことなんです。

 

英語の help out が「救出」よりも 対象が広くて、

 

仕事が多い、とかこの場合の様に 庭の手入れをする時間がない、 といった窮状からの help out というわけ。

 

本来はこれがイメージできれば 日本語訳なんて 考えないでいいんです。

 

それから、造園の会社は landscape (landscaping) company なんですね。

 

I was hoping 

希望していました

to maintain the garden myself,

手入れすることを 庭を自分で

but I’m scheduled 

でも予定されてしまい

to go on several business trips

行くことを 何度かの出張に

and won’t have time 

なので時間がありません

for gardening after all. 

庭の手入れの 結局のところ

 

ここはそれほど問題ないですね。 help out して欲しい窮状の説明 といったところ。

 

after all の結局のところ、 というのは逐語訳が機能する珍しい例。 諸々あった all の後、 すなわち結局、という気持ちと 一致します。

 

あ、日本語訳だと別の意味もあるか。 諸々あった all の後、

→ つまりだね、だってさ、

の感じで理由や追加情報を言う前にも after all 使いますね。

 

Could you please e-mail me a cost estimate

eメールして頂けますか? 費用の見積もりを

as soon as possible?

ASAP で

I remember what you charged

私は覚えています 御社がいくら請求されたか

for your services last year, 

作業に対して 昨年

but I’d like to know 

ですが、知りたいのです

what your current rates are. 

現在の料金がいくらか

Thanks.

よろしくお願いします。

 

最初の文のぎこちなさは、 e-mail が動詞であることを理解すれば 解消すると思います。

 

メールする、と思えばいいですね。

 

見積もりをメールして!至急! ってことですね。

 

as soon as possible 可能な限り早く、の感じですが、 せっかくなのでビジネス略語の ASAP (エイエスエイピー、たまにエイサップ)  = as soon as possible 

 

を覚えちゃいましょう。

 

続いて what you charged what your current rates are.

 

ここはごめんなさい。 あまりにぎこちなく、直訳放棄です。 何? あなたが請求した 何? 現在の料金は

 

でそのまま感じられるのが ベストなんですけどね。

 

それから金額に関する英語ですね。

cost, charge, rate cost は費用、掛かるコスト

の感じですが、charge, rate の 料金については他の言い方も併せて 最後にまとめましょう。

語句をまとめておきましょう。

landscape (動)造園する (名)(自然の広々とした)風景

crew 船の乗組員のイメージ。チームのメンバー

maintain 維持管理する

after all (諸々あった all の後で) 結局、つまりだ、だってさ

e-mail (動)メールする

ASAP as soon as possible

 

さて、料金に関する英語、 色々ありますよね。

 

charge, fee, fare, toll それから rate 今回はちょっと調べたところ イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK   (清水建二・すずきひろし 共著)

 

を参考 (受け売り?) に語源から見てみましょう。 charge 荷物を積むイメージ 諸々のサービスに対して 「請求される料金」 をイメージするのがいいですね。

 

以下のfeeやrateも請求された

 

段階でchargeになる場合もあります。

service charge delivery charge などなど。

fee

お上への上納金のイメージが 元々で、現在は専門性の高い仕事への 支払い、先生への支払い、という イメージですね。

 

entrance fee 入学金 lawyer’s fee 弁護士先生への相談料 なんて感じ。

fare

旅にかかわる料金が元々で 交通費をイメージするといいでしょう。

bus fare, air/flight fare, train fare

などですね。

toll

小屋で料金を徴収するイメージが元々で、 料金所で通行料を支払うイメージですね。

toll road(bridge) 有料道路(橋)、

toll gate 料金所 通行料から派生して、電話料金も toll. ま、よく使われるのは

 

toll free call無料通話 でしょうね。

rate 割合が元のイメージ。

 

ここから従量制料金をイメージするのですが、 実際には量や質が上がるのは連続ではなく、 階段状に上がっていきますよね。

 

つまり、この条件ならこのお値段です、 の料金表のイメージが 現代はしっくりきます。

 

postal rate 郵便料金

room rate ホテルの部屋代

など。

 

私個人は長く rate のイメージが しっくりこなかったのが、 すずきさんのお話でスッキリ しましたね。

 

そんなわけで お礼を兼ねてご紹介です。

 

では次回、音読で 見積もり請求、料金の表現、 what の使い方など身につけましょう。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

   

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!