なぜ失敗を恐れるのか?(boundの使い方)

GLJ英語学院代表の安田です。

シドニーは春から夏へ向かう
季節の変わり目。

今日はとても過ごしやすい
良い日でした。

さて、本日の英語回路トレーニングは、
【なぜ失敗を恐れるのか?(boundの使い方)
です。

それでは、本日もいってみましょう!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【なぜ失敗を恐れるのか?(boundの使い方)

本日の記事タイトルは

Fear Of Failure

直訳すると
「恐れ、失敗の」
簡単に意訳すると、
「失敗することへの恐れ」

ですね。

今回は我々が恐れる「失敗」
に関する内容からでした。

何事に取り組むにしても
誰しも失敗などしたくないですよね。

「失敗したらどうしよう
「たぶんうまくいかないだろうな
「私には無理かも

なんてことをまっ先に
考えてしまうことがあります。

そんな時に役立つ10個のtips
書かれていました。

それでは、boundの使い方を
見ていきましょう。

 

Today’s Sentence

Facing your fears sounds 

life threatening at times, 

but once you start decoding 

your inner worries, 

solution is bound to arrive.

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、
長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

face

意味:ぶつかる・直面する(動詞)

発音:フェイス(フェは下唇を軽く噛む)

<一番強く発音する箇所:facea

 

threaten

意味:~を脅す・~の恐れがある(動詞)

発音:スレトゥン(スは舌先を上下前歯で挟む)

<一番強く発音する箇所:three

 

decode

意味:解読する・復号する(動詞)

発音:ディコウド(ディは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:dee

 

bound

意味:確かに~のはず・決定的な(形容詞)

発音:バウンド(ドは舌先上前歯裏へ素早く)

<一番強く発音する箇所:bouo(a)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:ぶつかる・直面する(動詞)

2:~を脅す・~の恐れがある(動詞)

3:解読する・復号する(動詞)

4:確かに~のはず・決定的な(形容詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を味わって下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1: face

if you face or are faced with a difficult situation, 

or if a difficult situation faces you, it is going to affect 

you and you must deal with it:

2: threaten

to say that you will cause someone harm or 

trouble if they do not do what you want:

3: bound

to discover the meaning of 

a message written in a code:

4: face

to be very likely to do or 

feel a particular thing:

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!

英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。

最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!

最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Facing your fears sounds 

life threatening at times, 

but once you start decoding 

your inner worries, 

solution is bound to arrive.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【★chunk 1★】

=Facing your fears sounds 

life threatening at times,

<直訳1>

直面することは、あなたの恐怖にね、

聞こえるよ、人生の脅しのように、

時々ね、

【★chunk 2★】

=but once you start decoding 

your inner worries, 

solution is bound to arrive.

<直訳2>

でもね、一度あなたがスタートすれば、

理解する事を、あなたの中にある心配を、

解決策は、きっと訪れるよ。

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

Facing your fears sounds 

life threatening at times, 

but once you start decoding 

your inner worries, 

solution is bound to arrive.

 

<解答例>

Facing することは、your fears にね、 

sounds だよ、life threatening のように、 

at times ね、 

でもね、once you start すれば、

decoding することを、 your inner worries を、 

solution は、is bound to arrive するよ。

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

出来れば秒数を測って下さい。
スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Facing your fears sounds 

life threatening at times, /

but once you start decoding 

your inner worries, / 

solution is bound to arrive. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/2ZPBuKI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。

ステップ4のスピード音読との

秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、

オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

「一読入魂!!」

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Facing your fears / sounds 

life threatening / at times, /

but / once you start decoding /

your inner worries, /

solution is bound / to arrive. /

参考の音声はこちら

https://bit.ly/3BFHqmH

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。

boundは多義に渡るので
時折混乱しますね。

縛るというイメージがコアには
ありますが、

be bound to doなどは
実践のシーンでも非常に良く出てくるので、

be sure to doなどと同じ
意味として覚えましょう。

bound forは電車をイメージ
すれば問題ないと思います。

またbind(縛る)の過去形としては
文脈上から判断できるでしょう。

とりあえずこの3つの意味
だけでも把握しておいて下さい。

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://bit.ly/2JdhUhK

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は

「なぜ失敗を恐れるのか?」

でした。

記事のおさらいをすると

1. Define Your Strategy

2. Prepare For The Worst

3. Evaluate Failure

4. Balance Your Equation With Life

5. Think Positively

6. Program Your Mind Towards Success

7. Conserve Your Energy

8. Keep Going

9. Seek Help

10. Stay Grounded

 

人間は誰しも失敗を恐れますよね。
しかし、失敗を恐れてしまっては
挑戦することも成功することも
できなくなってしまいます。

結果、現状維持のまま
何も得ず、何も変わらないのです。

「石橋を叩いて歩く」
と言う言葉がありますが、

あまり慎重になりすぎてもいけませんし、
成功や成長するためには挑戦することは
避けられないのです。

チャレンジをすれば必ず
失敗することもあります。

ですが、失敗を恐れてはいけません。
何度もお伝えしていますが、
失敗という定義はありません。

全ては次のステージへの
フィードバックだということを
覚えておきましょう。

僕的にはtips8番目に出ていた
Keep Going という内容が
心に響きました。

「良い日もあれば、悪い日もある、
何が起ころうと常に走り続けるのだ」
立ち止まらないということですね。

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

Uni」=「大学」

またまた短縮形ですが、これは
Universityのことですね。

Universityの綴りは確かに長い。
7文字も短縮してしまうとは

さすが短縮形が得意なオージーですよね。

I have uni tomorrow.
明日は大学(の授業)がある

ちなみにUni Student
大学生のことです。

カナダの大学に留学していた知人が
「オーストラリア人の女の子と友達になった」

と言っていたのですが、
マイユニ、マイユニ、とよく言っていて、
「ユニユニうるさいな~」と思って
よく聞いていたら実は大学の事だったそうです(笑)。

知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!

本日は以上です。

週末明けにまたお会いしましょう!
ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

GLJ英語学院代表
安田

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ビズ英アップ!スクール
https://sbcglobal.jp/

GLJ英語学院
http://www.gljeigo.jp/

イングリッシュゲート
https://englishgate.jp/

【英会話を独学マスターする最速法】
豪華3大有料特典を期間限定無料プレゼント中!
http://gljmarketing.jp/lp/

Copyright(C) All rights reserved
by SBC Inc.
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!