appointment, booking or reservation?  続・語順実践 13

SBCグローバル/ビズ英アップ! スクール代表の東です。

 

末尾に動画解説もつけていますので 活用してくださいね。

 

==================== toeicで高得点を取っても話せない理由とは? https://sbcglobal.jp/method-lp/ =====================

 

続編、Part 3 の第 8 弾、 これまで、語順実践では キーフレーズを取り上げてきましたが、 音読実践でフレーズを身に着けるように 変えています。

 

なので語順実践では小ネタでも。 今回は軽く予約の使い分け、 “appointment, booking or reservation” を見てみましょう。

 

さて、今回は続編初の3人の会話! …といっても、一人はちょっとした 質問を挟むだけで、女性が2人いる、 この2人の立場の違いを聞き取る、 がメインの課題でしょう。

 

オフィスの会議で栄養士さんが紹介されます。 その訳は? 早速、塊訳に進みましょう。

元の文

Questions 53 through 55 refer to the following conversation with three speakers. 

W1: To start today’s staff meeting, I’d like to introduce nutritionist Katherine Hale. As part of the company’s wellness initiative, employees can meet with Katherine to discuss healthy eating, all free of charge. I’ll let her tell you more. 

W2: Thanks for the introduction! I’m Katherine, and I’d like to help each of you develop a personalized nutritional plan to fit your life. Does anyone have any questions before we start?

M: How can we make an appointment with you? 

W2: All appointments can be made online. I’ll send you an e-mail later that will include a link to the reservation system.

(公式TOEIC Listening & Reading問題集5 Test 1, #53–55 (Part 3))

 

女性1は米国、女性2は英国、男性はカナダの ナレーターですね。

 

スクリプトを塊毎に改行します。

 

To start today’s staff meeting, 

始めるにあたり 本日のスタッフミーティングを

I’d like to introduce nutritionist Katherine Hale.

紹介したいです 栄養士の Katherine Hale を

As part of the company’s wellness initiative, 

一環で 会社のウェルネスプランの

employees can meet with Katherine 

従業員は面談できます Katherine と

to discuss healthy eating, 

話し合いのため 健康的な食事について

all free of charge. 

全て無料で

I’ll let her tell you more.

彼女に話してもらいましょう より詳しく

 

いつものように 語順通りに理解していきます。

 

語彙につまずかなければ、 それほど問題ないですね。

 

ま、語彙が問題になることが 多いですけどね。

 

nutrition 栄養に ist がくっついて 人になって栄養士 nutritionist initiative は何かを達成するために 導入する計画や施策、といったイメージです。

 

始まりは、始めに、の感じ(笑)、 To start ~

 

語順を変えて頭に持ってきて強調です。 注目!が本意ですかね、 フォーマルというか、権威付けの香り(?)も 出てきますね。

 

To tell the truth, (実を言うと、) と比べると、感じがわかりますかね。

次の As part of ~, も強調、フォーマルな香り。

これまた「実は」の前置き、 As a matter of fact, を比較すればいいですかね。

 

Thanks for the introduction!

ありがとう、紹介を

I’m Katherine, 

私が Katherine です

and I’d like to help each of you

お手伝いしたいです 皆さん一人一人を

develop a personalized nutritional plan

まとめあげるのを 個別の栄養(摂取)計画を

to fit your life.

皆さんの生活に合わせて

Does anyone have any questions

どなたか 質問がありますか

before we start?

(話を)開始する前に

 

さて、紹介を受けて Katherine から ご挨拶!

 

皆さんのお役に立ちたいです! の感じですね。

 

develop は元々ある芽を育てていくイメージ。

 

ここでは各自元々ある適切な栄養摂取計画を まとめていく感じになるでしょう。

 

nutritional で栄養の、はわかりますね。

 

How can we make an appointment with you?

どのように予約できますか 

All appointments can be made online.

すべて予約はできます オンラインで

I’ll send you an e-mail later

送ります e-mail を 後ほど

that will include a link

(それは)含みます リンクを

to the reservation system.

予約システムにつながる

 

3人の会話にするため(?) 無理やり男性が一言!

 

「どうやって予約したらいいですか?」

お医者さんとか、カウンセラーとかを

予約するのは

 

make an appointment

他の場合はbook, reserve 

でしたね。前にも出てきたでしょ?

 

appointment を登録するコンピュータの

システムが reservation system に

なっているのは面白いですね。

 

システムとしては区別なく、どちらも

予約管理するだけですからね。

 

以下、余談です。

 

appointment system という言い方が 無いわけではないですが、より汎用的な booking/reservation system が 一般的ということです。

 

appointment 特化の場合も scheduling system のほうが他の予定も管理できるので 使われやすいでしょうね。

語句をまとめておきましょう

 

nutritionist 栄養士 (nutrition 栄養 + ist)

wellness ウェルネス、健康 (well の名詞形)

initiative (新しい)施策

何かを達成するために導入する計画やプロセス

develop (芽のあるものを育てる) まとめ上げる

appointment 医者、カウンセラーなど専門家の予約

include 含む 

 

さて、

 

appointment は語句でもまとめたように 専門家の予約、の感じ、 約束、と覚えるのでもいいですが、 面談の予約、のイメージを 持っておくとどんな appointment の場面でも間違いがないでしょう。

 

booking, reservation はそれ以外の 飛行機とかレストランとかの予約。

 

2つは同じように使えると 思っていていいでしょう。

 

間違いなく意味は通じます。 飛行機やツアーはbookのほうが多い、 とかあるようですが、気にしないでいいでしょう。 気にすべきは動詞で予約する、の時に

book/reserve a table at the restaurant. 

book/reserve a room at the hotel.

レストランの貸し切り、ホテルの貸し切りでない限り

a table または a room を book/reserve 

すべきですね。

 

make a reservation であれば、貸し切りとは 思われないで済みますね。

 

make a reservation at the restaurant/hotel. 元は予約帳への記帳が booking, 場所などの確保が reservation

 

ということから、純日本的ですが、 花見の場所取りは reservation になる、 (誰も予約帳管理していないですからね)

 

とは言えますが、こんなのは例外中の例外でしょう。 さて、次回の音読実践では 冒頭の会議を始めるセリフを 暗唱してみましょう。

 

英語の会議を始めるのが 楽しみになるかもね。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!