発音のチカラby実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル代表の東です。

 

日本では何故か軽視されがちな
発音のチカラ

 

ネイティブレベルをめざす!
わけではないですが、

 

私のレベルも全くたいしたことは
ないのですが、それでも、

 

発音向上は必須!

 

必要なレベルってものがあるんです。

 

ここ、強調するところ。

 

日本語と英語、
極めてかけ離れた言語で

 

英語話者にとっても
日本語の構造は難解そのもの。

 

考え方から、変えなくちゃならない。

 

語順じゃなくって、「てにをは」が
文の意味を支配するなんて、
思いもつかない、多分ね。

 

でも、彼らは、発音は
ちょっと力を抜けば、

 

母音をはっきり、常に、
っていうのもちょっと
注意しないといけないかな?

 

でも、それほど苦労はないはず。

 

私たちは、どうでしょう。

 

文構造、文法の
問題を置いておいても
発音は至難です。

 

お隣、韓国人にとっても
日本人同様に英語の構造は難しい。

 

発音も難しい、しかしながら、
ハングルの子音は日本語より若干強くて

 

私たちよりは
英語発音に近いんです。

 

まあ、世界一、かどうかは
わかりませんが、

 

日本人にとって英語を習うのは
難しい、ってことはわかりますね。

 

でも、障害になるのは2つ、
構造と発音。

 

発音の障害は主に子音。

 

ま、母音も問題っていえば問題ですが
身体的にも問題になるのは
主に子音です。

 

とにかく、発音の身体的器官、
これを英語の子音用に鍛えないと
うまく発音できません。

 

課題は主に子音の発音、
それには私たちの発音器官を
訓練する必要がある。

 

ここまでいいですね。

 

めげないでくださいね、

 

課題がわかっているんだから
対応すればいいだけですよ。

 

対応の方法は
英語子音の発音を繰り返すこと。
これが英語発音用の筋トレです。

 

筋トレの効果を上げるのはどうしますか?

 

負荷をあげればいいですね。

 

ネイティブは普通に話すとき
特に力んではいないですよね。

 

我々は、力む、というとちょっと
変な感じですが、

 

要は強調して、
子音の発音を行えばいいんです。

 

これが負荷を上げた、発音訓練です。

 

まず、正しい音を知る必要がありますね。

 

これはブログでも何回かに
分けて練習します。

 

なあに、有料講座では1週間で
こなす分量、たいしたことはありません。

 

で、強調する練習ですが、

 

障害を越えろ、のビデオでも
ちょっとやりましたよね。

 

すべての子音発音を意識して、
強調して発音するんです。

 

その際には腹筋を入れて、
意識的に発声に関係する
筋肉に力が入るようにしていきます。

 

これから、音読でいろいろ
例文を上げていきますから、

 

毎日10分とか15分とか
実際に、この強調した発音を
伴う音読を練習する。

 

近々取り上げるPart4の例題から
一文取り上げてみましょう。

I’m thinking that this might be a mistake,
and that you’d meant to order only five trays.

TOEICテスト公式問題集新形式問題対応編
Test 1, Part 4 Questions 71 through 73. の一文

 

子音強調はビデオを見てくださいね。

 

これを何度か練習、実際には、一例題、
100語程度の英文ですね。10分で
軽く5回くらいいえると思います。

 

ただし、力を入れるので、休み休み。

 

それから、大切なこと、
水を用意して、喉を潤しながら
練習すること。

 

喉に負担にならないためにも
しっかり腹筋に力を入れます。

 

実際に効果的に練習していると
結構な疲労感が感じられるはずです。

 

各子音の発音方法を
ブログで書いていきますが、

 

その際に各子音をどう強調するかも
文字とビデオでお話ししていきますので、
是非試してみてくださいね。

 

効果はまず、きちんと発音できるよう
になってくること。

 

さっきの例文ではあえて、
ネイティブの速度に近づけようとしてはいますが、
こんな感じ(ビデオで発音しています)。

 

こうやって発音できると
例えばこの後半の

 

…and that you’d meant to order…

 

をこの文字通りに、
聞き取れるようになってきます。

 

これまで日本人はこれを繰り返し、
繰り返し音を聞いて、文字と音を比較して
英語が聞こえる耳を作ってきたのだと思いますが、

 

発音を強化することで、
実際に発音できるようになると

 

これらの音は、単に実感として
感じられるようになります。

 

ま、くどくど説明するより
実際に練習をつづけていくことですね。

 

目安は1日10分、6ヶ月。

 

結構かかりますが、
考えようによっては

 

半年で、発音ががらりと変わって、
リスニング、少なくとも音は

 

どんどん聞き取れるようになるって、
悪い話じゃないですよね。

 

で、その頃になると、
普通に音読していても

 

明らかに日本人の発音と
変わってきますから、

 

音読が楽しくなってくるはずです。

 

強調発音にもうまいチカラの
入れ方がわかってくるはずです。

 

ここまで来れば、継続は難しくなくて、
もう半年継続、併せて一年間継続。

 

後は時々意識して
強調発音を行えば、

 

必要レベルの発音力を
維持できると思います。

 

これが最初に言った
必要なレベル、ですね。

 

今日は真面目でしたね。

 

皆さんに、真面目に地道に努力して
ほしいことですので、
真面目にお伝えしました。

 

本日の動画解説はこちら!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!