控えめなwould by 実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル/ビズ英アップ!
スクール代表の東です。

 

今日も末尾の動画解説、
ぜひ、活用してくださいね。

 

実践の合間に文法、
今のうちにwould, could の
控えめな感じを見ておきましょう。

 

公式問題集見ていますと、
ビジネスの依頼、
それを引き受ける時、

 

would, could, wonder …

 

よく出てきます。

 

なんで、わざわざ
過去形の助動詞使うんだ?

 

って思ったりしたこと
ありませんか?

 

Would you like
なんてのもそうですよね。

 

Do you want to
じゃだめ?って

 

言いたくなりますよね。

 

よそ行きの場面では
「~して欲しいですか?」

 

って感じで、
結構生々しいので、

 

ちょっと現実から
距離を感じる

 

would, could を
使うことが好まれる、って
ゆーことなんですが、

 

この現実と距離感を感じる、
っていうの自然な感じだけれど
結構上級なのかも知れませんね。

 

典型的なよそ行き言葉
(ビジネスは、よそ行きですよ)
はこんな感じ。

 

I was wondering if you could help me

 

なんちゃらで、

 

Oh, I’d (would) be happy to help.

 

大人の会話です。定番!

率直に頼んでもいいのかも、
だけど、ビジネスだと、まあ、

 

信用というか、ヘンな言い方しちゃうと、
契約取れない、ですよね。

 

で、丁寧な言い方、
皆さん、しているわけです。

 

仮定法の気持ちが分かると
いけそうな気がするのだけど、
どこから説明をすればいいのか
迷います。

 

would って、どういうときに
出てくるか?

 

仮定法の時は(If I were you,)
I would go.(僕が君なら)
行くんだけどな~

 

僕は君ではないので現実と離れた、
仮定の話ですよね。

 

仮定法、って言うので
当たり前ですが。

 

ちなみに、口語で
if I was you

ってなる場合がありますが、

 

文法上誤り、と
教えられているようですよ~

 

書き言葉ではwere に
しましょうね。

 

で、元に戻って、

 

I’d be happy (if I could help you)
という気持ちが入って

 

I’d be happy to help.
になると思うと、

 

ちょっと感じがみえてくる?

 

I’ll be happy to help.
だとどうなるか、

 

もうお手伝いは前提、
選択の余地なし、
極端に言うとま、本当に極端に

 

言うと、ってことですが、

 

もう絶対手伝うんだからね!
手伝わせないとは
言わせないから!

 

…引きますよね。

 

友達同士なら成り立つ場合も
あるかもですが、まあ、

 

I’d be happy to help.
にしておきましょう。

 

これなら、
お手伝いできるなら。

 

押し付けがなくなるわけですね。

 

頼むほうはもっとお上品に
could で現実からはなれ、

 

if you could help me なんちゃら

 

さらに、

 

I was wondering~

 

をどうかと思っていたのですが、
とやるわけです。

 

なんとなく、感じ、
分かります?

 

will, can だと
現実との結びつきが強くて
どうしても

 

やるんだよね、出来るんだよね、

 

って、押し付ける感じが
出てしまう。

 

そこで、現実との結びつきを
緩めてwould, could を使って、

 

もしするなら、
もし可能なら、

 

の感じを出すわけです。

 

英語も奥ゆかしいですよね。

 

まあ、どの言葉にしても
押し付けがましいのは
ダメって、ことですね。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!