助動詞ではないけれど by 実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル/ビズ英アップ!
スクール代表の東です。

 

末尾に動画解説もつけていますので
活用してくださいね。

 

控えめなwouldとcould が語順実践で
出てきたところで、

 

助動詞に似た表現と助動詞との
感じ方の違いを見ておきましょう。

 

あんまり神経質にはならずに、
こんな感じか~

 

ふんふん、
と聞いてもらえればOK。

 

助動詞ではないけれど、
似たような感じの言葉、
ありますよね。

 

be going to, have to,
be able to, used to …

 

などなど。

 

be going to と will の違い、
前にも出てきました。

 

will は助動詞なので、
話者の感情が乗ります。

 

従って主観的な感覚が
入ってきます。

 

これに対して
be going to

 

だと、客観的な
何か目に見える理由が

 

ある場合に使われる、
でしたね。

 

他の場合も同じ、助動詞だと
話者の主観が出る感じで

 

それに似た表現は客観性がある。

 

一つ一つ見て行きましょう

 

1:have to

must に似て、必要がある、
しなくてはならない、ですね。

 

must は圧力を感じて
しなくてはならない、

 

と主観的に思うのに対して
have to は客観性がある、

 

あんまり神経質になる
必要はないですけどね。

 

You have to get your hair cut today.
(You’re going to have an interview tomorrow)
面接なんだから、髪ぐらい切れよ!

 

の感じですね。

 

感じ悪いから(余計なお世話じゃ)
髪切れよなら

 

You must get your hair cut.
なんでしょうね。

 

これは、まあ、どっちでも
問題なく通じますよね。

 

注意すべきは
You don’t have to like everyone,
but you mustn’t bully others.

 

誰をも好きにならなくてもいいけど
いじめはダメ!

 

否定だと全く意味が違いますね。

 

しなくていいよ、は
don’t have to です。

 

may not も cannot も
しちゃいけないになりますからね。

 

そうそうmustn’t [ˈmʌsənt ]
1つ目のtは発音しないんですね。

 

2:be able to

ま、これは他の助動詞とか
want とかの動詞と
組み合わせる場合くらいだと
思っておけばいいでしょう。

 

I want to be able to see the movie
without subtitles.

その映画を見られるようになりたい、
字幕なしで

 

You’ll be able to do that
if you keep hanging in there.

君はできるよそれを続けられれば
頑張ることを

とかね。

 

うるさいことを言うと

 

could は可能であったことを言うだけで
やったかどうかはっきりしない
できたけどしなかった文脈が

 

普通なので過去に実際にできたことは

 

I was able to swim 1000 meter yesterday!
昨日、1000メートル泳げた!

っていうべき、ってのはあるけど。

 

I could swim 1000 meter yesterday!

っていうと、

 

ん?何?1000メートル泳ぐことが
できたけどしなかったってこと?

 

の感じになっちゃう。
ですが、これは、シチュエーションで
察してもらえるような気がします。

 

出来なかったは、
couldn’t でモンダイないですよ!

 

えーとあとは

 

3:used to~だった。

これはwould が近い
意味があります。

 

My father would take me fishing
when I was young.

ちっちゃい頃はお父さんが釣りに
連れてってくれたな~

なんて思い出。would のおかげ?で
お父さん、自分の意思で

 

連れて行った、よいお父さんハートの
イメージがありますね。

 

My father used to take me ~

 

だと、単に連れて行ってくれたけど、
喜んで連れて行ったかどうかは
わからない感じですかね。

 

しいて言えば、ですよ。

 

ただし、

 

There used to be much more 
bookstores here and there.

以前は本屋はあちこちにあったのにな~

のように、bookstores が好き好んで

 

存在していたことになる would は
使えません。

 

そうそう、大事なやつ

 

4:had better

単純に訳語~したほうがいいと
考えていると、気まずい雰囲気に
なっちゃうかも。

 

一人称で使う分には
あまり問題にならないですが。

 

We’d better get back soon.
(a bad thunder storm is coming…)

すっごい入道雲が出てきて、
すぐ戻ったほうがいい、という感じですね。

こんな風に、~すべきだ(さもないと
トンデモなことになる)。

 

の切迫感がある場合に使います。

 

You’d better see a doctor.
医者行かなきゃダメだ!

 

具合が悪そうな時に言うと、
強い言葉だけど優しくも聞こえますね。

 

口語だと、You’d best も使うことが
あるそうですね。

 

ちょっとやわらかく、直球過ぎない感じに。

 

You’d best see a doctor.
あと、否定疑問にするのも
大分やわらかくなりますね。

 

Hadn’t you better see a doctor?

医者行ったほうがよくね?

 

これは上級編かな?

 

ちなみに、否定形は
You’d better not ~

 

です。

 

他にも…

 

5:dare

あえてする、
助動詞として使われることがありますが
私たちは普通動詞として使う
(もし使うことがあれば)でいいと思います。

 

need も同じ、助動詞として使われることもあるが、
普通動詞として使えば問題なし。

 

Dare not, Need you~?
なんていうのが出てきたときに

 

びっくりしない、ってだけですね。
ought to 微妙に助動詞風、
should の代わりに使われる。

 

ほぼ意味同じ。

 

フォーマルな感じがするのか、
ビジネスでは結構出てきます。

 

否定形は
ought not to

 

こんなところでしょうか。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!