仮定法か、if 文か by 実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル/ビズ英アップ!
スクール代表の東です。

 

末尾に動画解説もつけていますので
活用してくださいね。

====================
3ヶ月速習メソッドで
話せるビジネス英語力を身につける!

https://sbcglobal.jp/method-lp/

=====================

 

仮定法!っていうと
難しく感じますよね。

 

たぶん、10人に
仮定法好き?

って聞いたら、
10人が嫌い!っていいそう。

 

でもね、皆さんは
もうすでに控えめな
Would, Could
感じ取れているのではないですか?

 

もう一つヒントは
仮定法って言葉を使わない。

 

英語話者の文法サイトは
Conditionals

 

要は if 文ですね、
これで解説されているのがほとんど。

 

日本人はなぜか難しく
仮定法過去完了とかで
整理しようとする。

 

そういえば
前に、帰国子女が
仮定法過去って何?

 

って聞いていたのを
思い出しました。

 

もちろん、彼女、
普段から普通に使っています。

 

でも日本の英文法用語は分からない。

もの悲しさを感じてきた。

 

気を取り直して、
Conditionals 行ってみましょう。

 

次の4つの英文

 

0 If you sit in the sun, you get burned.

1 If you sit in the sun, you’ll get burned.

2 If you sat in the sun, you’d get burned.

3 If you had sat in the sun, you would’ve got burned.

 

時制が違ってるけど
何が違うの?

 

上から

0, 1st, 2nd, 3rd conditional

 

とよばれます。

 

簡単に意訳すると

 

0 人は太陽の下に居れば 日焼けするものだ

1 太陽の下に座っていると、日焼けしちゃうよ!

2 (君に限ってないと思うけど)

もしもだよ、太陽の下に座っていたら、日焼けするじゃん。

3 もし太陽の下に座っていたら 日焼けしちゃってたね。くわばらくわばら。

 

0 (0 conditional)

は条件も結果も現在形で表現して、
普遍の真理を表現します。

 

1 (1st conditional)
が普通の条件文ですね。

 

こんな感じに~だったら~するよ、
って、条件付きで予測や意思を表します。

 

これを過去形にすると

 

2 (2nd conditional)
過去形にする→ 現実から離れる
would, could と同じ。

 

条件として、ありえそうにないことを
いうんです。

 

変えようのない過去が、
もし違ったら、を言う場合が
3 (3rd conditional)

 

過去完了の条件とwould(could, might, etc.) have 過去分詞で
安堵や後悔を表します。

 

2と3が仮定法と呼ばれるものです。

 

これだけ。

 

普通の条件文を
過去形に置き換えて

 

過去形の距離感を出すことで
現実でないことを言う、です。

 

would, could. もそんな感じだったでしょ。
もししてくれたら I’d be happy.

 

ひょっとして、してくれないかな~
Could you do that for me?

 

あとはいろんな例文を音読して
感じていけば
だんだん使えるようになります。

 

この辺のはよく使うはず。

 

I wish I were on a beach.
I wish I had one hundred billion yen.
I wish I had studied harder at school.

 

いきなり if がなくなってしまいましたが、
この場合のwish はありえないこと、ありえても

 

現実と異なることを
願う言葉なので、
過去形、または、過去完了形が来ます。

 

各々

 

ビーチにいられたらなぁ
(でも仕事終わらなくてオフィスに座っている)

一千億円もっていたらなぁ
(そんなことあるわけねーだろ)

学校でもっと勉強していたらなぁ
(ありがちな後悔)

 

一番目のはもっと
臨場感あふれるように進行形で

 

I wish I were lying on a beach!
ビーチで寝そべっていたい!
(でも私はいま会社の机に座っている)

 

ってすると
もっと気持ちが強く感じられますね。

 

少し例を上げて練習していきましょうか。

 

まず、2nd conditionalから。

 

If only I had a girlfriend. 彼女さえいたらなぁ (でもいない)

if only で~さえしたらなぁの感じが出ます。

(If I were you,) I wouldn’t go out with that man.

もし私があなただったら、あの男とはデートしないよ

If I were you はしばしば省略されます

私だったらデートしないよ、の感じですね。

If I met the Queen, I’d just say “Hello”.

女王陛下にもし会うことがあったら、単に、「やあ」っていうよ

実際に会うとは思ってないわけですね。

I would go around the world if I had enough money and time.

これはわかりますよね?

 

さあ、音読!

 

3rd conditional、こっちの方が使うかも。

 

If you hadn’t been late, we wouldn’t have missed the train.

お前が遅れなかったら、電車乗れたのに(どーしてくれよう)

If I hadn’t eaten so much, I wouldn’t have felt sick.

あれほど食べ過ぎなかったら、気持ち悪くならなかったのになぁ(後悔)

I would’ve died if the ambulance hadn’t arrived quickly.

死んでたところだった。もし救急車がすぐ来てくれてなかったら(安堵)

こんな具合に後悔や安堵の表現には 3rd conditional が大活躍です。

先日の表現 

(would の代わりに could や might などの

気持ちを込めることもできます)

I couldn’t have done it without you.

のように、安堵、感謝の表現をうまく使えるとイイですね。

 

音読で身につけましょうね。

それから、

 

I would’ve got 800 on the TOEIC if I had joined the TOEICTALK.
TOEICトーク 始めていればTOIEC800とれていたのになー
これは、結果を現在のことにすることもできます。

 

I’d get 800 if I had joined the TOEICTALK at that time.
今頃800点とれていたのになー、あの時TOEICトーク始めていれば。

 

さあ、音読!(って、露骨な宣伝ですなぁ)
このように条件と結果の時期がずれる場合は

 

mixed conditional と呼ばれますが、
そんなことは気にしない!

 

過去形で言うと
(まさかと思うけど) もし~したら、するのにな~

 

過去完了でいうと
(変えられない過去が)
もし~だったら、~だったのになぁ

 

結果のほうは would could might should などで
気持ちを込めるようにする、

 

の感覚が大事です。
何度も「一読入魂」
して、身につけましょうね!

 

* were, wasどっち?

 

I wish I was lying on a beach!

 

これもフツウに聞かれます。

 

口語では結構普通。

 

ただし、仮定法の理屈から言うと、
過去形のbe動詞はすべて were になる、

 

というのが元来ルールであって、
すべからく were を使うべし、
という原点回帰が特にアメリかかな?

 

ネットでの初等教育の先生方の
発言が結構目立ちます。

 

伝統的なルール上は were
口語では was も結構使われる

 

文章上は were のが無難
位の認識でいいと思います。

 

non-native がこういう議論すると
結構感動されるかもしれない(笑)

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

 

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!