あなたの一番の敵by実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール
代表の羽桐です。

 

それでは今日もビジネス英語の
学習を進めていきましょう。

Today’s Business article

今日の英語記事はHarvard Business

reviewから以下を選びました。
https://hbr.org/2019/03/the-financial-upside-of-being-an-optimist

 

記事のタイトルは、
The Financial Upside of Being an Optimist

 

タイトルを直訳すると、

「経済的な良い面、楽天家でいることの」

になります。

 

Optimistは「楽天家」とか
「楽天主義者」という意味ですね。

 

その逆は、「pessimist」になります。

 

タイトルからも分かるように、楽天家でいると
経済的な良い面があるようです。

 

楽天的な(optimistic)とか、
悲観的な(pessimistic)のような、

 

その人の考え方についての単語ですが、
ビジネスの場でも使う機会が多いと思います。

 

“cautiously optimistic”と言うフレーズも、
決算発表などで耳にすることもあるかも知れません。

 

記事には、optimisticでいることの経済的な
アドバンテージやoptimisticでいる方法に
ついても記載されていました。

 

そのやり方は編集後記に記載しました。

 

[pick-up sentence]

今日のPick-up sentenceは、

記事の中から次の英文を選びました。

Whether you’re trying to switch roles at
work or launch a new idea, waiting for perfection
can be your greatest enemy.

 

[ボキャブラリービルディング]

[whether A or B]
意味:AであろうとBであろうと
例文: A thief is a thief, whether he steals a diamond or a cucumber.

[switch]
意味:変える
例文: Husband and wife should switch roles occasionally.

[role]
意味:役割
例文: Money played an important role in his life.

[launch]
意味:~を始める
例文: Launch a campaign.

[perfection]
意味:完璧
例文: My father expected perfection from all of us.

[enemy]
意味:敵
例文: A friend that frowns is better than a smiling enemy.

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:AであろうとBであろうと
2:変える 3:役割
4:~を始める 5:完璧 6:敵

 

【英文の構造分析】

まずは主語と述語などの構成を考えていきましょう。

Whether you’re trying to switch roles
at work or launch a new idea, waiting for
perfection can be your greatest enemy.

において、

S (主語):waiting for perfection
V (述語):can be
C (補語):your greatest enemy  

修飾語・句・節:Whether you’re trying to switch roles

at work or launch a new idea,

この英文では、特に3つの点に注目します。

1つ目は、「whether A or B」という表現です。

 

「ボキャブラリービルディング」でも書きましたが、
この「whether A or B」は
「AであろうとBであろうと」

という意味です。

つまり、

“switch roles at work”であろうと

“launch a new idea”

であろうと、という意味です

 

“trying to”のtoは“switch”と“launch”の
両方にかかってきます。

 

2つ目は、「waiting for perfection 」です。

 

これは、全体で主語を作っていて、
waitingは「待つこと」
を意味する動名詞になっています。

 

主語は名詞か代名詞しかなれませんが、
動詞をingの付いた動名詞にすることで、
主語になることができます。

 

3つ目は、「can be」です。

 

canは助動詞で、「~することが出来る」
を意味する以外にもいくつかの

意味があり、ここでは「~になり得る」
という
可能性を表しています。

 

次に、英文の日本語訳を確認して、
文章の意味を汲んでいきましょう。

 

【直読直解式 日本語訳】

それでは、ピックアップ
センテンスに直読直解の
日本語訳を付けて、文全体の意味を
とっていきましょう。

 

英語の語順で英文を理解していきましょう

 

Whether you’re trying to
あなたが努力しようとも

switch roles at work
役割を変える・職場で

orまたは

launch a new idea,
新しいアイディアを始める

waiting for perfection
完璧を待つことは

can be
なりうる

your greatest enemy.
あなたの最大の敵に

 

【音読トレーニグ】

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

音読回数の目標は5回です。

Whether you’re trying to switch roles at work or
launch a new idea, waiting for perfection
can be your greatest enemy.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

日本語訳はこちらです↓
「あなたが努力しようとも・
役割を変える・職場で/または/
新しいアイディアを始める/ 完璧を待つことは・
なりうる・あなたの最大の敵に」

皆さん、もとの英文に戻りましたか?

 

何度も繰り返して挑戦しましょう!

Today’s business expression


今日のBusiness expressionは、

「stand your ground」を取り上げます

 

日本語の意味は、「立場を守る」とか
「自分の立場に固執する」「一歩も引かない」
または「頑張って」となります。

 

英英辞典の意味は「to maintain one’s position」で、
「position(立場)を維持する」という
意味になっています。

 

また、stand your groundには
正当防衛法という意味もあります。

 

それでは、例文を見て理解を
深めていきましょう

 

例文) Stand your ground
when colleagues want to change things.

同僚が物事を変えたがった時は一歩もひくな。

 

例文) You know when to
stand your ground and when to give in.

いつ自分の立場に固執して、
いつ諦めるかをあなたは知っている。

 

例文)Stand your ground. This whole thing
will blow over.

頑張って!これ全体の事が立ち消えになるよ。


<本日の動画講座はこちらです!>

 

編集後記

冒頭で「cautiously optimistic」
というフレーズを挙げました。

 

私も4半期ごとに発表される会社の売上や
EBITDAなど状況の説明を受ける時に、

 

この「cautiously optimistic」という
フレーズを何度も聞いたことがあります。

 

「cautiously」は「慎重に」という意味で、
optimisticは前述の通り、「楽天的な」
という意味になります。

 

「慎重に」でも「楽天的な」を表すフレーズで、
今後の見通しなどを説明する際に使える表現です。
是非覚えておいてください。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!