「関して言うと」と「bring something to the table」by実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

今日は、「~に関して言うと」と
「bring something to the table」

 

というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事は
Forbsから以下を選びました。

 

Elon Musk Says
He Doesn’t Do Market Research
And Avoids The Daily News

https://www.forbes.com/sites/alexknapp/2019/11/05/elon-musk-says-he-doesnt-do-market-research-and-avoids-the-daily-news/#469277a83d5b

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「イーロン・マスクは言った、
彼は市場調査をしない
そして、日々のニュースを避ける」

 

になります。

 

今までも何度か取り上げている
イーロン・マスクの発言についての
記事です。

 

タイトルの通り、イーロン・マスクは
マーケット・リサーチをせず、
ニュースも避けるそうです。

 

その理由について、彼はなんと語った
のでしょうか?

 

編集後記で紹介します。

 

前回はEconomistの記事で
少し難易度が高かったですが、

 

今日は比較的読みやすい英文です。

 

頑張っていきましょう!

 

それでは、ピックアップセンテンス
から見ていきましょう。

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

When it comes to the space industry,
Musk insisted that there’s only one real problem
to work on, and that’s building a fully
and rapidly reusable rocket.

【ボキャブラリービルディング】

 

[when it comes to ~]

意味: ~に関して言うと
例文:When it comes to job interviews,
first impressions are important.

 

[insist]

意味:主張する
例文:I insist that you withdraw your
offensive remarks immediately.

 

[reusable]

意味: 再利用可能な
例文:The ability to separate out reusable
elements from other waste is crucial.

英単語を何度も発音し、
日本語から英語への変換をすることで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1: ~に関して言うと

2: 主張する

3: 再利用可能な

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、

 

英文全体の構造を理解することが
大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

When it comes to the space industry,
Musk insisted that there’s only one real problem
to work on, and that’s building a fully
and rapidly reusable rocket.

 

において、

 

S1 (主語):Musk
V1 (述語):insisted

 

that節内

 

S2 (主語):only one real problem
V2 (述語):is
S3 (主語):that
V3 (述語):is

 

になります。

 

ボキャブラリービルディングで取り上げた
「When it comes to:~に関して言うと」

 

という表現ですが、これはもうそのまま
覚えてしまいましょう。

 

サラッと一口で言えるように
なっておくべき表現です。

 

私の場合、

 

「When it comes to~」
と言いながら、次に何を言うべきかを

必死に考えます。

 

ビジネスの場で相手とギリギリの
交渉をしている時など、

 

「When it comes to」で時間を稼げば、
説得力のある話の組み立てを準備することも
可能です。

 

次の直読直解式の日本語訳で
これらの意味を確認しましょう。

 

【直読直解式 日本語訳】

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

英語の語順で英文を理解するクセを
付けていきましょう。

 

When it comes to the space industry,
宇宙産業に関して言うと

Musk insisted that
マスクは主張した

there’s only one real problem
たった1つの本当の問題がある

to work on,
取り組むべき

and that’s building
そしてそれは、作ることだ

a fully and rapidly reusable rocket.
完全で速やかに再利用可能なロケットを

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

 

When it comes to the space industry,
Musk insisted that there’s only one real problem
to work on, and that’s building a fully
and rapidly reusable rocket.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

宇宙産業に関して言うと
マスクは主張した
たった1つの本当の問題がある
取り組むべき
そしてそれは、作ることだ
完全で速やかに再利用可能なロケットを

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「bring something to the table」

を取り上げます。

 

「bring something to the table」とは
「何か(有益な事)を提供する」

 

という意味になります。

 

bringは「持ち寄る」
to the tableは「テーブルに」
という意味ですから、

 

直訳すると

 

「テーブルに何かを持ち寄る」

 

となりますね。

 

そこから、
「何かを提供する」
という意味に繋がっていきます。

 

「何か」とは、
ビジネスの場で必要な物だとか有益な情報
アイディアや提案になります

 

以下に2つ例文を用意しました。

1. What are you going to bring to the table?
どんな有益な事を提供するつもりですか?

 

2. She brings a lot of experience to the table.
彼女は多くの経験を提供します。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

【編集後記】

今日の記事は、イーロン・マスクに
関する記事でした。

 

記事のタイトルにもありましたが、
イーロン・マスクはマーケット・リサーチを
せず、ニュースも見ないそうです。

 

マーケット・リサーチしない理由は、
「あなたが作った製品が気に入らないのに、
他の人が気に入るはずがないからだ」

 

と言っています。

 

つまり、自分が納得する製品さえ作れば、
それは広く受け入れられるという
考えがあるようです。

 

また、ニュースはノイズで、
今日地球上で起こった最悪なことを
報道するだけだと言っています。

 

そして、新聞を読む時間があるくらいなら、
ツイッターをやるそうです。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!