「量産する」と「的外れ」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を使って話せないあなたへ
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「量産する」と「的外れ」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はBloombergから選びました。

 

iPhone Makers Suspend India Production
Due to Lockdown

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-03-25/iphone-makers-suspend-india-production-due-to-lockdown

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「iPhoneの製造メーカーは
一時中止したインドでの製造を
ロックダウンのため」

 

中国やインドを生産拠点としている会社は、
今回の新型コロナウイルスの影響で
工場を稼働できない状況となっているようです。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

While neither company said
which products have been affected,
their Indian facilities mainly crank out
older iPhone models or produce gadgets
primarily aimed at the domestic market.

【pick-up vocabulary】

 

[neither]

意味:どちらも~ない
例文:Neither watch works, they’re both broken.

 

[crank out]

意味:量産する
例文:The plant can crank out about 6 cars
an hour.

 

[be aimed at~]

意味:~を狙った、~を目指した
例文:He aimed at accuracy and perfection.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

において、

 

S1 (主語):neither company

V1 (述語):said

S2 (主語):which products

V2 (述語):have been affected

S3 (主語):their Indian facilities

V3 (述語):crank out/ produce

 

になります。

 

V3は主語を同じにして、述語動詞が2つあります。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

While
一方で

neither company
どちらの会社も
(注 Foxconn と Wistron Corp.を指しています)

said
言わなかった

which products
どの製品が

have been affected,
影響を受けているかを

their Indian facilities
彼らのインド工場は

mainly crank out
主に量産する

older iPhone models
古いiPhoneのモデルを

or
または

produce gadgets
小型電子機器を製造する

primarily aimed
主に狙った

at the domestic market.
国内市場を

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

一方で
どちらの会社も
言わなかった
どの製品が
影響を受けているかを
彼らのインド工場は
主に量産する
古いiPhoneのモデルを
または
小型電子機器を製造する
主に狙った
国内市場を

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「off the mark」
を取り上げます。

「off the mark」とは
「的外れ」「不正確な」

 

という意味です。

 

markは「的」や「標的」で、それが
「off=外している」
という直訳通りのイメージで

 

「的外れ」「不正確な」
という意味に繋がります

 

その他には
「スタートを切る」
「quick off the mark:飲み込みが早い」
「slow off the mark:飲み込みが遅い」

 

などの意味もあります。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

Those discussions are off the mark.
それらの議論は的外れだ

Our cost estimate was off the mark.
我々のコスト試算は、不正確であった

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は新型コロナウイルスで工場を稼働できない
FoxconnとWistronという会社についての英文を
取り上げました。

 

インドでは3月25日から21日間、
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために
自宅に待機することになっています。

 

昨年末から始まった新型コロナウイルスですが、
数ヶ月でこんな状況になっているとは、
想像もしなかったです。

 

治療薬が出来るまで、
この混乱は続くと主張する専門家もいますし、
そうすると、年単位の時間が必要になるそうです。

 

苦しい状況が続きますが、頑張って乗り切りましょう!

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!