「荒稼ぎする人」と「up to speed」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
3ヶ月速習メソッドで
話せるビジネス英語力を身につける!
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「荒稼ぎする人」と「up to speed」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事は
Bloombergから選びました。

 

Nike Says Kobe Gear Sold Out,
Contradicting Report It Was Pulled

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-01-28/nike-says-kobe-gear-sold-out-contradicting-report-it-was-pulled

 

タイトルを日本語に訳すと、

「ナイキは言った
コービーギアは売り切れた
否定して、それは引き上げられたという報道を」

になります。

 

英語ニュースのタイトルには、
例外的な英文法が使われる時があります。

 

例えば、過去形のことでも現在形で書く点です。

 

今回も「ナイキは言った」というのが、
「Nike says」と現在形になっています。

 

それでは、過去形は何を表すかというと、
これは受け身を表します。

 

タイトルでは、「Kobe gear sold out」の部分です。

 

本来は「Kobe gear was sold out」という形の
受身形なのですが、be動詞が省略されています。

 

タイトルにはbe動詞が省略されることも
あります。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Nike Inc. says its online store sold out of
Kobe Bryant shoes and apparel
in the two days after the NBA icon’s tragic death,
contradicting a report that the company
pulled the merchandise to thwart profiteers.

【ボキャブラリービルディング】

 

[sell out of ~]

意味:~を売り切る
例文:We sold out of the T-shirts
in the first couple of hours.

 

[contradict]

意味:否定する
例文:She does not like to contradict
her husband in public.

 

[thwart]

意味:阻止する
例文:Harry knew now that nothing could
thwart his plans

 

[profiteer]

意味:荒稼ぎする人
例文:The profiteer often tricks the public.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:~を売り切る

2:否定する

3:阻止する

4:荒稼ぎする人

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

Nike Inc. says its online store sold out of
Kobe Bryant shoes and apparel
in the two days after the NBA icon’s tragic death,
contradicting a report that the company
pulled the merchandise to thwart profiteers.

 

において、

 

S1 (主語):Nike Inc.
V1 (述語):says

S2 (主語):its online store
V2 (述語):sold out of

S3 (主語):the company
V3 (述語):pulled

 

になります。

 

ピリオドまでに主語と述語の組み合わせが
3つもあり、少し長い文章ですね。

 

こんな長い文章だと、読むのを諦めてしまう
人も多いですが、主語と述語を把握して、

 

文の構造を理解していくと、英文を読み解く
ことが出来るようになります。

 

是非、諦めないで英文読解に挑戦して下さい!

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

Nike Inc. says
ナイキは言う (次のことを)

its online store sold out of
そのオンラインストアは売り切った

Kobe Bryant shoes and apparel
コービー・ブライアントの靴と衣服を

in the two days
2日で

after the NBA icon’s tragic death,
NBAの象徴の悲劇的な死の後

contradicting a report
ある報道を否定して

that the company pulled
(つまりそれは) その会社が引き上げた

the merchandise
商品を

to thwart profiteers.
荒稼ぎする人を阻止するため

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Nike Inc. says its online store sold out of
Kobe Bryant shoes and apparel
in the two days after the NBA icon’s tragic death,
contradicting a report that the company
pulled the merchandise to thwart profiteers.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

ナイキは言う (次のことを)
そのオンラインストアは売り切った
コービー・ブライアントの靴と衣服を
2日で
NBAの象徴の悲劇的な死の後
ある報道を否定して
(つまりそれは) その会社が引き上げた
商品を
荒稼ぎする人を阻止するため

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「up to speed」
を取り上げます。

「up to speed」とは
「期待通りの速さで」
という意味です。

 

up は上に to speed でそのスピードに
到達する、そのスピードに乗る
というコアの意味です。

 

このup to speedはbring やget という動詞
と一緒に使われて、「~に最新の情報を与える」
という意味で使われることが多いです

 

例えば、

I’ll bring you up to speed.
私はあなたに最新の情報を与える

 

という形です。
あなたを今の世の中のスピードに追いつかせる
つまり、最新情報の流れに乗せるという
イメージです。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

I’m going to bring you up to speed
on the latest developments.

私は最新の開発について、あなたに最新情報を
提供します。

 

John will bring you up to speed .
ジョーンはあなたに最新の情報を与える予定です。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日はコービー・ブライアントについての
記事を取り上げました。

 

私はNBAに詳しくないのですが、
コービーのことはある動画で知っていました。

 

それがこちらです↓

 

最高の自分を目指すという意味の
マンバメンタリティーについて、
コービーが語っている動画です。

 

私はこの動画からたくさんのやる気を
受け取りました。

毎日上達を心がける
ライバルが寝ている間から、起きて練習をする。

 

この積み重ねが、気づくと追いつけないほどの
差に広がっている。

シュート練習も何千回もやってきたんだから、
本番のシュートも、もう一本決めてやろう。

まさに
The confidence comes from preparation.

これは英語だけではなく、仕事でも通じる
考えだと思います。

気になった方は、動画を見て、
エネルギーをもらいましょう。

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!