「疑問に思う」と「catch someone off guard」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
3ヶ月速習メソッドで
話せるビジネス英語力を身につける!
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「疑問に思う」と
「catch someone off guard」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事は
Bloombergから選びました。

 

A Gambling Prize Worth $20 Billion Is
Losing Its Luster in Japan

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-12-18/casinos-20-billion-golden-opportunity-in-japan-losing-luster

 

タイトルを日本語に訳すと、

「200億ドルの価値があるギャンブルの賞金は
その輝きを失いつつある、日本で」

になります。

 

いわゆるカジノ法に関する記事ですが、
国内からの視点ではなく、外国人記者からの
視点で書かれた記事です。

 

カジノというとマカオやラスベガスでしょうか。

 

カジノというと、悪いイメージが先行しますが、
実際はエンターテイメントとしての魅力の方が
強いのでは?と感じています。

 

日本でのカジノ市場は200億ドル、日本円で
ざっくり20兆円を超えるんですね。

 

事業者も参入するために多額の投資をします。

 

ある意味、参入もギャンブルとも言えるかも
しれません。

 

私はそういった意味を含んでのタイトルだと、
考えました。

 

参入成功へのご褒美としての20兆円市場ですが、
その魅力を失いつつあるそうです。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Casino executives who have long salivated over Japan
as a potential $20 billion gaming market
are beginning to question
whether that jackpot is worth all the trouble.

 

【ボキャブラリービルディング】

 

[salivate]

意味: (喉から手が出るほど)欲しい
例文:Game industry executives salivate
over competitors’ growth rates.

 

[question]

意味: ~を疑問に思う
例文:Their safety has been questioned
due to possible failure behavior.

 

[jackpot]

意味: 大当たり
例文:A nurse won the £5 million jackpot.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:(喉から手が出るほど)欲しい

2:~を疑問に思う

3:大当たり

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

Casino executives who have long salivated over Japan
as a potential $20 billion gaming market
are beginning to question
whether that jackpot is worth all the trouble.

 

において、

 

S1 (主語):Casino executives
V1 (述語):are beginning

 

になります。

 

whoで始まる関係詞節内には「long」
があります。

 

この「have long + 過去分詞」
という形は、たまに出てきます。

 

このlongは「長い間」とか「長年」
という意味です。

 

ピックアップセンテンスでは、
「長い間ずっと喉から手が出るほど欲しい」
という意味になります。

 

また、「question」という単語は、身近で
誰もが知っている単語ではありますが、
今日は動詞として使われています。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
これらの意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

英語の語順で英文を理解するクセを
付けていきましょう。

 

Casino executives
カジノ会社の役員は

who have long salivated
(誰?)長い間、欲しがっている

over Japan
日本を

as a potential $20 billion gaming market
200億ドルの賭博市場の可能性として

are beginning
始まりつつある

to question
疑問に思うことを

whether that jackpot is worth
その大当たりは価値があるかどうか

all the trouble.
全ての手間の

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Casino executives who have long salivated over Japan
as a potential $20 billion gaming market
are beginning to question
whether that jackpot is worth all the trouble.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

日本語訳はこちらです↓

 

カジノ会社の役員は
(誰?)長い間、欲しがっている
日本を
200億ドルの賭博市場の可能性として
始まりつつある
疑問に思うことを
その大当たりが価値のあるかどうか
全ての手間の

 

一度で完璧な英文には戻せません。
何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「catch someone off guard」
を取り上げます。

「catch someone off guard」とは
「驚かせる」「不意をつく」

 

という意味です。

 

「guard」は日本語でも言う「ガード」や
「警戒」という意味です。

 

防御をoffしている、つまり「防御を外している」
「警戒していない」
という意味になりますね。

 

そんな状態の誰かを捕まえるという意味から、

「驚かせる」
「不意をつく」

という意味に繋がります。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

She really caught me off guard with her comments.
彼女はコメントで本当に私を驚かせた

Her question caught him off guard.
彼女の質問は彼の不意をついた。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日はカジノ法案についての英文記事を
取り上げました。

 

2025年の開業を目指しているようですが、
住民の反発や許認可のプロセスが不透明なので

 

開業時期はずれ込むのでは?との意見も
記事には書かれていました。

 

ところで、パチンコは至るところにありますね。

 

今日の記事を読むに当たり、たまたま
Wikipediaのパチンコの説明を見つけました。

 

Wikipediaの英文説明には、本来換金目的での
ギャンブルが出来ない日本でも、パチンコは
「legal loophole」によって存続している
と書かれていました。

 

さて、「legal loophole」とはどういう意味
でしょうか?

 

これは「法の抜け穴」という意味になります。
Wikipediaも英語学習に使えますね。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!