「物言う株主」と「miss the boat」のビジネスフレーズ by実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

今日は、「物言う株主」と
「miss the boat」という
ビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

今日の英語記事は、
The Wall Street Journalから
以下を選びました。

 

Sony Rejects Third Point’s Proposal
Calling for a Company Breakup

https://on.wsj.com/31eNhgI

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「ソニーは拒絶する/
サード・ポイントの提案を/
会社分割を求める」

 

になります。

 

スマホに使われるイメージセンサーの
開発製造やゲーム機開発、

 

自動車保険までいろいろな分野で
ソニーの名前を聞きますね。

 

サード・ポイントはアメリカの投資会社で、
過去にもソニーへの会社分割の提案を
行っているようです。

 

それでは、ピックアップセンテンスから
見ていきましょう。

 

【pick-up sentence】

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から次の英文を選びました。

 

Sony turned down a request
by an activist investor

for a spinoff of the profitable
Sony unit that supplies parts
for iPhone cameras.

 

【ボキャブラリービルディング】

[turn down]

意味:拒絶する
例文:I had to turn down a job offer.

 

[activist]

意味:活動家
例文:He’s been a trade union activist
for many years.

 

[investor]

意味:投資家
例文:The investor believes that
his investment will pay off soon.

 

[activist investor]

意味:物言う株主
例文:The activist investor says
the entire package is worth $18 a share.

 

[spinoff]

意味:分離独立
例文:The spinoff follows similar moves
by companies such as Marathon Oil.

 

[profitable]

意味:儲かる
例文:All of the projects were profitable.

 

英単語を何度も発音し、
日本語から英語への変換をすることで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:拒絶する
2:活動家
3:投資家
4:物言う株主
5:分離独立
6:儲かる

 

【英文の構造分析】

まずは、英文の主語と述語を
見つけてみましょう。

 

文の理解がしやすくなります。

 

Sony turned down a request
by an activist investor

 

for a spinoff of the profitable
Sony unit that supplies parts
for iPhone cameras.

 

において、

 

S (主語):Sony
V (述語):turned down
O (目的語):a request

 

となります。

 

今回のピックアップセンテンスは、
主語・述語・目的語の第3文型に
なるのですが、

 

目的語のrequestを修飾する語句が
続いているため長い文章になっています。

 

request for で「~の要請」という
名詞句になります。

 

どんな要請なのかを続く
文章で表しています。

 

英語はこのように、後ろにドンドン
情報を付ける、一種の「型」
のようなものがあります。

 

英語の感覚を手に入れるとは、
この日本語とは異なる「型」に慣れる
という事でもあります。

 

ピックアップセンテンスには、
関係代名詞のthatも使われています。

 

thatは「あれ」を意味する
指示代名詞です。

 

関係代名詞として使われた場合も、
「指示代名詞」としての性格を
残していて、

 

直前の名詞を「ほら、あれだよ」
という繋ぎとして、

 

説明を続ける形になっています。

 

次の直読直解式の日本語訳でも、
関係代名詞thatの捉え方を確認してください。

【直読直解式 日本語訳】

それでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

英語の語順で英文を理解していきましょう

 

Sony
ソニーは

turned down
拒絶した

a request
要求を

by an activist investor
ある物言う株主による

for a spinoff
分離・独立のための

of the profitable Sony unit
その儲かるソニーの部門の

that
あれだよ、

supplies parts
パーツを供給する

for iPhone cameras.
iPhoneのカメラのための

 

【音読トレーニグ】

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Sony turned down a request
by an activist investor

for a spinoff of the profitable
Sony unit that supplies parts
for iPhone cameras.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

ソニーは拒絶した
要求を
ある物言う株主による
分離・独立のための
その儲かるソニーの部門の
あれだよ
パーツを供給する
iPhoneのカメラのための

 

一度で完璧な英文には戻せません。
何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

今日のBusiness expressionは、
「miss the boat」になります。

「miss the boat」とは
「好機を逃す」という意味になります。

 

直訳すると、
「ボートに乗り遅れる」

 

そこから

 

「行動に移すのが遅くて、
何かをする機会を失う」

 

つまり
「好機を逃す」
という意味に繋がります。

 

下記に3つ例文を用意しましたので、
例文を通じて理解を深めていきましょう。

 

You’ll miss the boat
if you don’t buy it now.

今それを買わないと、
好機を逃すでしょう

 

If we’re not ready for it,
we’re going to miss the boat again.

もし我々がその準備をしなければ、
また好機を逃すでしょう。

 

Customers were worried about
missing the boat by not buying
any stocks.

 

顧客は株を買わない事によって
好機を逃すことを心配しました。

 

本日の動画講座はこちらです!

【編集後記】

今日はピックアップセンテンスで
使われていた関係代名詞thatの捉え方
について、簡単ではありますが説明しました。

 

まだ英語学習を始めたばかりの方や
少し間違ったやり方で英語と

 

向き合っている方には、
ピンと来なかったかも知れません。

 

私も英語学習を始めてもがいていた
数年は参考書などを読んでも
疑問に感じることも多かったです。

 

私も英語ができなくて、
悩み続けた期間があります。

 

だからこそ皆さんと一緒に
頑張りたいと思っています。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!