「母音発音」by 実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル/ビズ英アップ!
スクール代表の東です。

 

発音では動画必須、
動画だけでもいいくらい。

 

今日も末尾の動画解説、
ぜひ、活用してくださいね。

 

母音は今回の1回だけ。
それも限られた音だけ。

 

表題の5つの母音には
注意してほしいのですが、

 

そのほかはカタカナ発音で
何とかなる!

 

「あー」に聞こえる音は
いくつもあって、特に区別したい
5種類を集めてみました。

 

ちなみに、アメリカ英語(米音)
での解説です。

 

英語の母音って、
基本脱力系なんですね。

 

子音は結構緊張して、
おなかにも力を入れて

 

しっかり息を出しながら
発音するのに対して、

 

少なくとも、唇は
「たいてい」脱力。

 

英語母音で唇が一番緊張するのが[iː]
日本語の「イー」にかなり近く、
緊張感はほぼ同じ。

 

他は推して知るべし、でしょ?

 

リラックスして 練習しましょう
これを踏まえて、「あー」に似た音、
練習してみましょ!

 

[ɑː]

 

お医者さんに口を見てもらう時の
「アー」 
Doctor’s Ahとも呼ばれるようですね。

 

口を大きく開けてでも、
チカラはあまり入れないで。

 

唇は脱力、っていろいろ言ったら
わかんなくなっちゃうね。

 

私は、あごを大きく開けて、
と表現したいのですが、

 

上下奥歯がはっきり離れる状態、
っていったら、解る??

 

たとえば、

 

car, park, father
car, park は前回やった
[r]が後に入る感じ、

 

舌を後から巻く感じですね。

 

fatherはそれもなくて
あごを開いた「アー」ですね。

 

続いて

 

[æ]

 

これもあごはかなり開いてます。

で、すばやい「ェア」なんですね。

 

口を横に広げて「エ」からすぐ「ア」
綴り“a”を見たらかなりの
割合で[æ]ですね。

 

たとえば

 

can, cat, apple, hat…

 

小さな「ャ」じゃないですよ!

次は

 

[ʌ]

半開きの脱力「あっ」
あ、やっちまった、

 

「あ、」で大体あってます。

 

チョッとマニアックに言うと、
[ɑː]の半分のあごの開きで、

 

舌をかるく引っ込めて[ʌ]。

 

つづりは”u” が代表選手、
“o”, “ou”の場合もあります。

 

cup, come, mother, country, trouble

 

などなど。

 

で、もう、runとranとかhutとhat
区別がつきますね?

 

続いて

 

[ə]

あいまい母音、と呼ばれるやつで、
口は閉じ気味上下奥歯はわずかに離れる程度。

 

そして、最高に?脱力^^;
ちいさい「ァ」、「ゥ」、「ェ」
(このどれにも聞こえる)

 

をつける感じで解りますかね?

 

アクセントのない短い母音は
いろいろな表記でもこの音だと思っていいでしょう。
(弱い[ɪ, e]などの場合もあるが、あまり
意識しなくていいと思います)

 

たとえば

 

about, sofa, children, moment, famous

 

などの下線部。

 

about 「ばうと」に聞こえたり
しますね。

 

最初の音が弱いからですね。

 

最後に

 

[ɚː]

前回のように[əːr, ɜːr]表記もよくあります。
work, world, earth

など、発音がよくわからない?

 

「アー」がこの音の場合が
ある気がします。

 

前回のブリッジrから、緩める感じで[ɚː]
になるんでしたね。

 

girl で練習のほうが簡単かな?

 

[wɚː]も慣れるとつながりの
いい音なんですけどね。

 

まだ、ちょっと自信がない?

 

様々な[ɚː]の発音が入っている
辞書サイトの発音音源を聞きながら、
練習してみてくださいな。

 

綴りear, ir, or はかなりの
確率で[ɚː]ですよ!

 

長年の(?)区別がつかなかった
悩みが消えていくかもね。

 

母音の重要どころは、
これでOK(暴論?)

 

一応、そのほかの主な発音記号を
並べておくとこんな感じで
カタカナで何とかなるかと…

 

気楽にいきましょう!

 

[iː] イー、[ɪ] (脱力の)イッ
[e] エ 脱力、ただし口の開きは大きめ
[ɒ] アとオの中間、[ɔː] アーとオーの中間
[ʊ] ウッ、[uː] ウー ともに唇を丸める
[oʊ] 二重母音、アイ、アウ、エイ、オイ
(最初からカタカナかよ ^^;)

 

は基本問題なし。

 

オウをオーにしやすいので注意です。

 

もちろん、母音も正しい発音に
至るのが望ましいといえますが、

 

実際問題、アクセントでも変わるし
日本訛りでも子音さえ正しく出ていれば
アクセントがあるな、

 

でコミュニケーションに支障は
ありません。

 

発音は主に子音、
発音器官を練習で鍛えて
正しく素早く、を目指しましょう。

 

発音はひとまず終了。

 

次回から

 

タイトル短くします。
「英語の語順はそのまま理解」を実践する
「一に音読、二に音読」を実践する

 

TOEIC語順実践
TOEIC音読実践

 

にします。

 

これらを日々実践して
TOEICスコアと話す力、

 

同時に伸ばしていきましょう。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!