「最良の選択肢」と「dead wood」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
3ヶ月速習メソッドで
話せるビジネス英語力を身につける!
https://sbcglobal.jp/method-lp/

=====================

 

今日は、「最良の選択肢」と「dead wood」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事は
The New York Timesから選びました。

 

I Found Work on an Amazon Website.
I Made 97 Cents an Hour.

https://www.nytimes.com/interactive/2019/11/15/nyregion/amazon-mechanical-turk.html

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「私は見つけた、仕事を、アマゾンのサイトで。
私は97セント稼いだ、1時間で」

 

になります。

 

アマゾンが運営している「メカニカル・ターク」
という仕事仲介サイトに関する記事です。

 

AIの話題が出ると、必ずと言っていいほど
技術革新のスピードは速いと言われますが、
まだコンピューターには出来ない仕事も多く
あります。

 

そんなコンピューターが自動でこなせない仕事を
仲介しているのがこの「メカニカル・ターク」
だそうです。

 

アマゾン自身も、自社のAIのトレーニング用の
データ作成などの簡単な仕事をこの

 

「メカニカル・ターク」を通して
発注しているようです。

 

ただし、記事の通り、単価に問題があるようです。

 

テックジャイアントと言われるアマゾンが
低賃金で労働者を酷使しているという不満も
見え隠れするタイトルですね。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

People who are confined to their homes
by disability or social anxiety or
who live where there are few jobs
do it because it seems like the best option.

 

【ボキャブラリービルディング】

 

[be confined to~]

意味: ~に閉じこめられる
例文:The woman will be confined to a mental clinic.

 

[social anxiety]

意味:社会不安症
例文:You may be suffering from social anxiety disorder.

 

[the best option]

意味:最良の選択肢
例文:An early settlement might be the best option.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:~に閉じこめられる
2:社会不安症
3:最良の選択肢

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

People who are confined to their homes
by disability or social anxiety or
who live where there are few jobs
do it because it seems like the best option.

 

において、

 

S1 (主語):People
V1 (述語):do

 

になります。

 

whoで始まる関係詞節が2つあり、
文章が長くなっていますが、英文の骨格である
主語と述語は、「People do」になります。

 

whoで始まる文章は直前の単語の
補足説明でしたね。

 

People「誰?つまり~」という流れで、Peopleの
説明が続いていきます。

 

基本的な事柄ですが、「few」についても
ここで復習しておきましょう。

 

「a」 をつけないで使う「few」は、
可算名詞の前につけて、「ほとんどない」
という意味を持ちます。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
これらの意味を確認しましょう。

 

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

英語の語順で英文を理解するクセを
付けていきましょう。

 

People
人々は

who are confined to their homes
誰?つまり彼らの家に閉じ込められている

by disability or social anxiety
障害や社会不安症によって

or
または

who live
誰?つまり住んでいる

where there are few jobs
どこに?つまりほとんど仕事がない場所に

do it
それをする

because
なぜならば

it seems like the best option.
それは最良の選択肢のようだから

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

 

People who are confined to their homes
by disability or social anxiety or
who live where there are few jobs
do it because it seems like the best option.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

人々は
誰?つまり彼らの家に閉じ込められている
障害や社会不安症によって
または
誰?つまり住んでいる
どこに?つまりほとんど仕事がない場所に
それをする
なぜならば
それは最良の選択肢のようだから

 

一度で完璧な英文には戻せません。
何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「dead wood」を取り上げます。

「dead wood」とは
「無駄なもの」
「役に立たない人・もの」

 

という意味です。

 

直訳すると「死んだ木材」ですが、
木材を人や物に置き換えることで、
上記の意味になります。

 

ちょっとキツイ意味です。

 

すでに役に立たなくなった、ボロボロの木材を
イメージしてみましょう。

 

組織の中では、余剰人員とか非効率的な社員を
指したりもします。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

I decided to get rid of a lot of dead wood.
私は無駄なものを取り除くことを決心した。

 

She cleared out the dead wood.
彼女は余剰人材をクビにした。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

【編集後記】

 

今日はアマゾンが運営するクラウドソーシング
サイト「メカニカル・ターク」についての記事を
取り上げました。

 

場所や時間にとらわれずに、お金を得ることが
出来る、クラウドソーシングは日本でも
いくつかあります。

 

仕事の内容は、写真にキーワードをつけたり、
請求書の作成などがあるそうです。

 

ただし、非常に単価が安いそうです。

タスク毎に単価が決められているのですが、
時給換算すると5ドル以下が半数を超えている
そうです。

 

一方で、時給換算で12ドル以上を稼ぐ人も
中にはいるそうです。

 

高単価案件を手に入れるために、常に自分の
スキルを磨き続けているそうです。

 

誰にでもできる仕事は単価が低い傾向です。

 

自分だけができるスキルをいくつか身につけ
どんどんパワーアップしていきましょう!

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!