「最前線」と「便乗する」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「最前線」と「便乗する」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

それでは、今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はNewsweekから選びました。

 

CHINA REPORTEDLY TAKES CONTROL OF
MASK PRODUCTION

https://www.newsweek.com/china-reportedly-takes-control-mask-production-numerous-countries-complain-faulty-exports-1500352

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「中国は報道によるとマスク製造の支配権を握る」

 

となります。

 

中国製のマスクの一部に、
品質管理上の問題があったと報道されて以来、
中国政府自ら品質管理を行っているそうです。

 

世界中からマスクの注文が中国へ殺到していますが、
このような状況のため、出荷の遅れやキャンセル
も続いているようです。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Even the richest nations have struggled to
provide enough personal protective equipment
for front line medical workers,
not to mention other citizens.

【pick-up vocabulary】

 

[nation]

意味:国家
例文:The destiny of our nation depends on this vote.

 

[front line]

意味:最前線
例文:He’s always worked on the front line
of scientific research.

 

[not to mention]

意味:言うまでもなく
例文:Life was suddenly full of possibilities,
not to mention a few unexpected surprises.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、
日本語から英語へ変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

Even the richest nations have struggled to
provide enough personal protective equipment
for front line medical workers,
not to mention other citizens.

 

において、

 

S1 (主語):Even the richest nations

V1 (述語):have struggled

 

になります。

 

「provide enough personal protective equipment
for front line medical workers」

 

の部分は、

 

「provide 物 for 人:物を人に供給する」
を使って、理解することが出来ます

 

また、withを使うと、人と物の位置が変わります。

 

「provide 人 with 物:人に物を供給する」

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

Even the richest nations
最も裕福な国々でさえも

have struggled
もがいてきた

to provide
供給することを

enough personal protective equipment
十分な個人用保護具を

for front line medical workers,
最前線の医療従事者に

not to mention other citizens.
他の市民は言うまでもなく

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Even the richest nations have struggled to
provide enough personal protective equipment
for front line medical workers,
not to mention other citizens.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

最も裕福な国々でさえも
もがいてきた
供給することを
十分な個人用保護具を
最前線の医療従事者に
他の市民は言うまでもなく

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「Jump on the bandwagon」
を取り上げます。

「Jump on the bandwagon」とは
「流行に乗る」「便乗する」

 

という意味です。

 

bandwagonは古くは
サーカス団を乗せて運ぶのに使ったワゴン
を指します。

 

このワゴンをデコレーションして
サーカスのパレードで宣伝カーとして
使ったそうです。

 

この宣伝の発想は、選挙の時に使う選挙カーの
元になっていったそうです。

 

そして、このbandwagonに「jump:飛び乗る」とは、
「人気のあるものに乗る」となり、

 

冒頭の
「流行に乗る」
「便乗する」

 

という意味に繋がっていきます。

 

例文を見ていきましょう。

 

Let’s jump on the bandwagon right now
before we get left behind.
取り残される前にすぐに流行に乗ろう

Competitors are certain to jump on the
bandwagon with our systems.
競合は、我々のシステムに便乗するに決まってる。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は、供給不足が続いているマスクに関する
記事を取り上げました。

 

今日のピックアップセンテンス人気の
「front line:最前線」
という表現がありました。

 

ビジネスで、「現場」とか「第一線」という
意味でも、よく使うフレーズです

 

サラッと口に出たらカッコいいですよね。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!