「手に負えない」と「jump the gun」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
3ヶ月速習メソッドで
話せるビジネス英語力を身につける!
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「手に負えない」と
「jump the gun」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事は
Harvard Business Reviewから選びました。

How to Manage a Stubborn, Defensive, or Defiant Employee

https://hbr.org/2019/11/how-to-manage-a-stubborn-defensive-or-defiant-employee

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「管理する方法
頑固で、防御的で、または反抗的な従業員を」

 

になります。

 

頑固で指示に従わない反抗的な部下をうまく
マネージして、チームの結果を最大化する
方法をこの記事では伝えています。

 

そのいくつかは編集後記で紹介します。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

It’s not uncommon for technical experts
to struggle in management roles,

and their resistance to feedback may be triggered
when they realize they’re in over their heads.

 

【ボキャブラリービルディング】

 

[struggle]

意味:もがく
例文:Don’t struggle so much,
best things happen when not expected.

 

[resistance to ~]

意味:~への反抗
例文:Resistance to change has destroyed the industry.

 

[in over one’s head]

意味:手に負えない
例文:After a week in the new job,
I soon realized that I was in over my head.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:もがく

2:~への反抗

3:手に負えない

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

It’s not uncommon for technical experts
to struggle in management roles,

and their resistance to feedback may be triggered
when they realize they’re in over their heads.

 

において、

 

S1 (主語):It
V1 (述語):is

and 以降

S2 (主語):their resistance to feedback
V2 (述語):may be triggered

when節内

S3(主語):they
V3 述語):realize
S4主語):they
V4述語):are

 

になります。

 

今日のピックアップセンテンスには、
主語と述語の組み合わせが4つもあります。

 

でも内容は難しくないと思います。

 

1つ解説すると、形式主語のitでしょうか。
itは指示代名詞なので、本来はすでに話題に
なった事や物を指します。

 

しかし、この形式主語の場合は、指している
内容が、to以降になります。

 

聞いている方としては、itって何だ?って
疑問に思いながら、話を聞いています。

 

そして、to以降でitの内容を知らせる
ことで、聞き手の興味をそそる手法です。

 

中学校で習ったようにTo不定詞を文頭に
持ってくると、頭でっかちになってしまうから
という理由もあります。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
これらの意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

英語の語順で英文を理解するクセを
付けていきましょう。

 

It’s not uncommon
それは珍しくない

for technical experts
技術者にとって

to struggle
もがくことは

in management roles,
管理の役割において

and
そして

their resistance to feedback
フィードバックへの彼らの反抗は

may be triggered
起こされるかも知れない

when they realize
彼らが認識した時

they’re in over their heads.
彼らが手に負えない中にいることを

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

 

It’s not uncommon for technical experts
to struggle in management roles,

and their resistance to feedback may be triggered
when they realize they’re in over their heads.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

それは珍しくない
技術者にとって
もがくことは
管理の役割において
そして
フィードバックへの彼らの反抗は
起こされるかも知れない
彼らが認識した時
彼らが手に負えない中にいることを

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。
挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「jump the gun」
を取り上げます。

「jump the gun」とは
「焦って何かをする」
「早まったことをする」
という意味です。

 

ピストル(=gun)よりも先にスタート (jump)
することから、フライングの意味があり、

 

そこから、
「焦って何かをする」
「早まったことをする」
という意味につながります。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

Let’s not jump the gun.
早まったことをしないようにしよう。

Don’t jump the gun
before you really know what is going on.
何が起こっているか本当に分かる前に、
焦って何かをするな。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は、指示に従わない頑固で反抗的な
従業員をうまくマネージする方法
についての記事でした。

 

この記事によると、反抗的な従業員の振る舞い
にはある理由があるそうです。

 

その1つがピックアップセンテンスでも取り上げた、
周りから自分がどう思われているかを考えた結果、
強気な態度を取る可能性でした。

 

筆者によると、新任のマネジャーの場合、
ある程度は、その人物のやり方を許容し、
いい面を評価することから始めるそうです。

 

評価することによって良い人間関係を作り、
その上で、改善点などのフィードバックを
行うアプローチです。

 

人間関係がないまま、指摘ばかりすれば、
反抗的になって当然かも知れません。

 

信頼関係を築いてから、
ようやくフィードバックを聞くように
なるわけですね。

 

この順番が大切だと私も感じます。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!