「成長の原動力」と「君の番だ」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「成長の原動力」と「君の番だ」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

それでは、今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

まずは、今日のピックアップセンテンスからです。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はForbesから選びました。

 

Good News For UPS And FedEx:
Amazon Halts Shipping Program
As Coronavirus Drives Online Demand

https://www.forbes.com/sites/andriacheng/2020/04/08/amazon-to-pause-amazon-shipping-in-the-us-as-coronavirus-drives-huge-online-demand/

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「良いニュース、UPSとFedExにとって
アマゾンは停止した/ シッピングプログラムを
新型コロナウイルスが活発にするので
オンラインの需要を」

 

となります。

 

アマゾンシッピングとは、UPSやFedExに
依存しないアマゾン独自の配送システムを
指すようです。

 

日本でも最近、アマゾン独自の配送システムが
運用されているようです。

 

私が住む地区でも、今までの大手配送会社から、
「アマゾン」での配送に変わってきました。

 

ただ、新型コロナウイルスにより、
配送トラックの便数が減るなど、
大きな影響を受けているそうです。

 

アメリカアマゾンでは、
オンラインでの需要急増により、

 

発注や出荷に注力するため、
自社便での発送を取りやめているそうです。

 

アマゾンが、自前の配送システムを
築くことを懸念していたUPSやFedExは一安心、
株価も上昇したそうです。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Third-party seller services is a key growth
driver for Amazon,
with sales there up 30% in the fourth quarter,
double the growth rate Amazon generated
from its own online store sales.

 

【pick-up vocabulary】

 

[third-party]

意味:第三者
例文:We will consider applying for third party certification.

 

[growth driver]

意味:成長の原動力
例文:PayPal is the growth driver of this company.

 

[double]

意味:2倍の
例文:I’ll pay you double if you get the work
finished by Friday.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

Third-party seller services is a key growth
driver for Amazon,
with sales there up 30% in the fourth quarter,
double the growth rate Amazon generated
from its own online store sales.

 

において、

 

S1 (主語):Third-party seller services

V1 (述語):is

 

になります。

 

「with sales up 30%」は
「付帯状況と理解して、
「売り上げが30%上がり」

 

と訳せるかと思います

 

「double the growth rate」
「2倍の成長率」
になります。

 

これはdoubleが冠詞の後ろの名詞を修飾する
パターンです。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

Third-party seller services
第三者の販売者サービスは

is a key growth driver
重要な成長の原動力である

for Amazon,
アマゾンにとって

with sales there up 30%
売上が/ そこにおける/30%上昇して

in the fourth quarter,
第四四半期において

double the growth rate
2倍の成長速度

Amazon generated
アマゾンが生み出した

from its own online store sales.
その自身のオンラインストアの売り上げから

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

The Gates Foundation and other philanthropies
can often move faster than government,
which suffers from political interference
and turf issues
as we’ve seen with the Centers for Disease
Control and Prevention failure
on coronavirus testing.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

第三者の販売者サービスは
重要な成長の原動力である
アマゾンにとって
売上が/ そこにおける/30%上昇して
第四四半期において
2倍の成長速度
アマゾンが生み出した
その自身のオンラインストアの売り上げから

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。
挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「The ball is in your court.」
を取り上げます。

「The ball is in your court.」とは
「今度は君の番だ」
「次に行動するのはあなたです」

 

という意味です。

 

この表現はテニスに由来しています。

 

ボールがあなたのコートにあるので、
次は

あなたの番
あなたが決める番
あなたが行動する番

 

のように意味が広がっていきます。

 

この文章は、イメージしやすいですね。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

It’s up to you what to do – the ball is
in your court now.
何をすべきかは、あなた次第だよ
次に行動するのはあなただよ

 

The ball is in his court.
今度は彼の番だ。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は米国アマゾンのサードパーティよる
売上増に関する英文を取り上げました。

 

今日のピックアップセンテンスでは、
恥ずかしながら、解釈に悩んだ部分がありました。

 

それは「double the growth rate」の部分です。
このdoubleをどう解釈しようかと悩んで、
いろいろな参考書や辞書を広げて調べました。

 

最初は動詞かな?とも考えましたが、
最終的には形容詞として働いていることに
ようやく気付きました。

 

文法用語だと前決定詞と呼ばれるそうです。
勉強になりました。

 

こうやって調べて、突き止めた内容は、
忘れにくいですね。

 

皆さんの中には、英語学習に苦労している方も
いると思います。

 

「一体いつになったら出来るようになるのか?」
と先が見えなくて苦しんでいるのかも知れません。

 

私も英語が出来ない頃は、苦しかったです。

 

でも、英検1級をとった今だから言えるのですが、
英語はやった分だけ、出来るようになります。

 

そして、やった分だけ出来るようになることを
実感しているので、

 

今でも、毎日自分の英語力を磨いています。
少しずつでも、一緒に頑張っていきましょう!

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!