「子音発音」その3 by 実践!TOEIC英語

こんにちは。
SBCグローバル/ビズ英アップ!
スクール代表の東です。

 

発音では動画必須、
動画だけでもいいくらい。

 

今日も末尾の動画解説、
ぜひ、活用してくださいね。

 

さて、発音続いて、飽きてきた?
はは、まだ続きます。

 

飽きると思って、短くして
いましたから。

 

今日は子音全部に関わるので
ちょっと長めです。

 

今日は練習の時に強調する
子音について。

 

ま、基本全部なんですが。
強調のやりかた、ってことですね。

 

とはいえ、特に強調した
練習が必要な音を挙げていきますね。

 

まず、前回までの [s], [z], [ʃ]
しっかりおなかに力を入れて、

 

即座に出せるように練習していきます。
練習の時は多少長めに出しても
いいでしょう。

 

練習がうまくいっていると
段々とチカラを意識して入れなくても

 

[s], [ʃ]を区別して発音できて
[z] が素早く出るようになって
きますよ

 

がんばれ~

 

[f], [v]

 

下唇に前歯を当てるやつ。
皆さんも知ってますよね。

 

でも、練習積んでないと
ついつい、[h], [b]でごまかして
しまいがち。

 

これは気をつけて、
はっきり、ゆっくり発音
すればいいです。

 

力入れると、下唇が傷だらけ
になっちゃいますからね。

 

[θ], [ð]

 

thの音ですね。

 

舌を前後に素早く動かす
練習にもなるので、

 

思いっきり「べーっ」て
舌を出して練習します。

 

目安は3cm!
ほんとに出すんですよ!

 

日本語には前後に素早い舌の
動きはまずないので、thで練習です!

 

あ、舌を噛んで口内炎に
ならないように注意です。
舌はかる~く歯で挟む感じで。

 

[m], [n]

 

練習では「んむっ、んぬっ」
の感じで特に語尾の時に
強調する感じですね。

 

「んむっ」、「んぬっ」の
「むっ」、「ぬっ」を
意識して発音します。

 

ここまで特に強調します。

 

残りの子音も意識して
しっかり発音して練習です。

 

[p], [b], [t], [d], [k], [g],
[h], [tʃ], [ʤ], [ʒ],

 

なんかがこれ。

 

音はビデオ見てください。
音自体は、問題ないはず。

 

残りで発音に注意したいのが
[j], [ŋ], [l], [w], [r]

 

[j]はまずは「やゆよ」と
思ったらいいかな?

 

慣れてきたら、
ネイティブのナレーションを
注意してまねるようにしましょう。

 

イ段、エ段もある感じ、
yield, yet とか。

 

特にyield は難しいですかね。
息を強めに少し長めに出す、

 

を意識して練習しましょう。
year, yield, yet, familiar など。

 

[ŋ]

 

~ing の音ですね。
日本人、sinkは結構うまい、
そうです。

 

カ行の前の「ん」が[ŋ]
なんだって、もともと。

 

鼻から抜けるのを意識して「ング」と
思っていればいいかな。

 

singing とか
力強く[g]をつけないこと
に注意です。

 

[l]は上前歯裏歯茎に舌を
押し当てる感じですが、

 

しっかりチカラを入れます。
lightとか。

 

なんですが、apple, call など
語尾に来るやつ。

 

Helpとか、後ろに母音が
来ないのもそう。

 

これはチカラを抜くのも
だんだんと覚えたいもの。

 

ま、最初は力を入れる方に
集中していけばいいでしょう。

 

語尾の[l]に段々違和感を覚えてきたら
力を抜く感じでいいでしょう。

 

[w], [r]

 

練習ではアヒル口から始めます。

 

[w]は唇を丸めて突き出すと思うのですが、
[r]もそう。練習ではこの癖を
つけておきます。

 

light, right
後者は「ぅらいと」の感じで
練習します。

 

ということで、発音の
チカラでやった
例文、練習してみましょう。

 

I’m thinking that this might be a mistake,
and that you’d meant to order only five trays.

TOEICテスト公式問題集新形式問題対応編
Test 1, Part 4 Questions 71 through 73. の一文

 

ビデオ参考にゆっくりめに
やってみましょうね。

 

「一に音読、二に音読」を実践する1
(長いな、タイトル考えますか)の
全文でもやってみましょうね。

 

5回ですよ!

 

10分でできるでしょう。

 

逆に、無理のない範囲で、ですが、
10分は練習したいですね。

 

さて、[r]は次にもう一回
やりますか。

 

本日の動画講座はこちらからどうぞ!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!