「大損を防ぐ」と「cave in to」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

今日は、「大損を防ぐ」と「cave in to」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

===============
3ヶ月速習メソッドで話せる
ビジネス英語力を身につける!
キャッシュバックキャンペーン中
https://sbcglobal.jp/method-lp/
===============

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事は
The Economistから
選びました。

 

One company, two systems

https://www.economist.com/business/2019/11/28/one-company-two-systems

 

タイトルを日本語に訳すと、
「1つの会社、2つの制度」
になります。

 

このタイトルは、

「One country, two systems」
「一国二制度」

に似せたタイトルだと思います。

 

一国二制度とは、中国が香港などに認めている
自治を指します。

 

タイトルにあるcompanyは実はアリババを
指しています。

 

中国発のアリババはアメリカでの上場に続き、
香港でも上場しました。

 

しかし、記事によると、
アメリカや香港で上場しながらも、現実は、
中国政府の影響を大きく受けているそうです。

 

その辺りの事情をタイトルに込めたと
考えられます。

 

エコノミストの記事は難しいですが、
分かりやすいように解説していきます。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

It partially hedges its exposure to America,
where it launched the biggest initial public
offering in 2014,

but has recently suffered from trade-war related turbulence.

【ボキャブラリービルディング】

 

[hedge]

意味: 大損を防ぐ
例文:You can hedge against illness with insurance.

 

[suffer from~]

意味: ~に苦しむ
例文:A lot of students suffer from exam nerves.

 

[turbulence]

意味: 混乱
例文: There are signs of turbulence ahead for the economy.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

ここでは、日本語から英語への
変換トレーニングを行いましょう。

 

以下の日本語に対応する英単語を
1秒以内で答えて下さい。

 

1:大損を防ぐ

2:~に苦しむ

3:混乱

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

It partially hedges its exposure to America,
where it launched the biggest initial public offering in 2014,

but has recently suffered from trade-war related turbulence.

 

において、

 

S1 (主語):it
V1 (述語):hedges

 

where以降

 

S2 (主語):it
V2 (述語):launched / has suffered from

 

になります。

 

いきなり2つの主語 (S1とS2)に「it」が
出てきました。

 

S1のitはアリババが香港に上場したことを
指しています。

 

S2のitはアリババの事を指しています。

 

itはすでに話題になった内容を指します。
ピックアップセンテンスの前に、

 

アリババの上場についての話題が
書かれています。

 

それを受けての「it」になります。

 

英文記事から一部を抜き出しているため、
このように補足説明が必要になります。

 

また、文中にwhereで始まる部分が
ありますね。

 

これは直前にある「America」を説明する
文が続くことを表すサインと考える事ができます。

 

直読直解式だと、
「どこ?すわなち~」
と理解していきましょう。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
これらの意味を確認しましょう。

 

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

英語の語順で英文を理解するクセを
付けていきましょう。

 

It partially hedges
それ(=アリババの香港上場)は
部分的に大損を防ぐ

its exposure to America,
アメリカへの露出の

where
どこ?すわなち~

it launched
それ(=アリババ)が始めた

the biggest initial public offering
最大の新規株式公開を

in 2014,
2014年に

but has recently suffered from
しかし、最近は苦しんだ状態を持つ

trade-war related turbulence.
貿易戦争に関連した混乱に

【音読トレーニグ】

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

意味も分からないまま英文を読んでも、
それは単なる作業で時間の無駄です。

 

音読回数の目標は5回です。

It partially hedges its exposure to America,
where it launched the biggest initial public
offering in 2014,

but has recently suffered from trade-war related turbulence.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

それは、部分的に大損を防ぐ
アメリカへの露出の
どこ?すわなち~
それが始めた。
最大の新規株式公開を
2014年に
しかし、最近は苦しんでいる
貿易戦争に関連した混乱に

 

一度で完璧な英文には戻せません。

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「cave in to」を取り上げます。

「cave in to」とは
「降参する」「屈する」

 

という意味です。

 

caveは名詞だと、「洞窟」という意味ですが、
ここでは、動詞として使っています。

 

動詞としてのcaveは
「(壁や天井などが) 崩れ落ちる」
という意味があります。

 

なんとか持ちこたえていた天井が崩れ落ちる、
もしくはあなたが、誰かの目の前で崩れ落ち、

 

負けを認める
そんな状況をイメージすると、

 

「cave in to」
が記憶に残りやすいと思います。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

The management refused to cave in to
their demands.

経営陣は、彼らの要求に屈することを拒否した。

The chairman will cave in to pressure from
shareholders.

議長は株主からのプレッシャーに降参するでしょう

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

今日はアリババについての記事を
取り上げました。

 

中国企業であるアリババは、中国政府と
うまくやる必要があると思います。

 

一方で、中国政府寄りというイメージが、
付けば付くほど、
世界市場での成長は苦戦すると記事では
伝えていました。

 

例えばファーウエイの例があります。

 

中国政府とつながりが強いとみなされた
ファーウエイの通信機器に、疑問を持った
国や人がいたりします。

 

アリババが一つの会社で、中国国内向けと
グローバル向けとで、2つの方針を
どう調和させていくのか、目が離せませんね。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!