「口論」と「your salt」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「口論」と「your salt」というフレーズを取り上げます。

 

それでは、今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はThe Economistから
選びました。

 

Google has outgrown its corporate culture

https://www.economist.com/leaders/2020/07/30/google-has-outgrown-its-corporate-culture

 

タイトルを日本語に訳すと、
「グーグルは成長してきている
その企業文化よりも」

となります。

 

今日はグーグルについての記事です。

 

グーグルの親会社、アルファベットの昨年の
利益は340億ドル、日本円にして3兆6000億円
にも達しています。

 

巨大テック企業として、大成功を収めている
グーグルには死角なしと思われがちですが、
実は成長への行き詰まりに苦しんでいるそうです。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Doing things from the bottom up has become
harder as the workforce has grown larger
and less like-minded, with squabbles breaking out
over everything from gender politics to
Google’s sale of technology to police forces.

 

【pick-up vocabulary】

 

[like-minded]

意味:同じ考えを持った

例文:I appeal to all like-minded people
to support me.

 

[squabble]

意味:口論

例文:The bribery scandal sparked a squabble.

 

[break out]

意味:起こる

例文:He predicted when war would break out.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って主語と
述語を見つけるトレーニングを行いましょう。

 

Doing things from the bottom up has become
harder as the workforce has grown larger
and less like-minded, with squabbles breaking out
over everything from gender politics to
Google’s sale of technology to police forces.

 

において、

 

S1 (主語):Doing things

V1 (述語):has become

S2 (主語):the workforce

V2 (述語):has grown

 

となります。

 

後半部のwith squabbles breaking outは
withを使ったよく見る形です。

 

これは、

「with O+~ing:Oが~して」

という形で解釈していきます。

 

それでは次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに直読直解
の日本語訳を付けて、文全体の意味をとっていきます。

 

Doing things

物事をすることは

from the bottom up

ボトムアップから

has become

なってきている

harder

難しく

as

なので

the workforce

労働力が

has grown

なってきている

larger

より大きく

and

そして

less like-minded,

同じ考えを持っていない

with squabbles breaking out

口論が起きて

over everything

全てについて

from gender politics

男女の性別の政治から

to Google’s sale

グーグルの販売まで

of technology to police forces.

警察への技術の

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Doing things from the bottom up has become
harder as the workforce has grown larger
and less like-minded, with squabbles breaking out
over everything from gender politics to
Google’s sale of technology to police forces.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

物事をすることは

ボトムアップから

なってきている

難しく

なので

労働力が

なってきている

より大きく

そして

同じ考えを持っていない

口論が起きて

全てについて

男女の性別の政治から

グーグルの販売まで

警察への技術の

 

一度で完璧な英文には戻せません。

何度も何度も挑戦してください。
挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「worth your salt」
を取り上げます。

「worth your salt」は
「価値がある」
「給料分の働き」

 

という意味になります。

 

塩が貴重だった時代の名残のような表現です。

 

「be worth your salt」とbe動詞を
伴って、「給料分だけの働きはある」という意味
で使われる事が多いです。

 

ちなみに給与を表すsalaryもsaltを語源として
いるそうです。

 

それでは例文を見ていきましょう。

 

You’re not worth your salt.
あなたは給料分だけ働いていない

Do you really think you are worth your salt?
あなたは給料分だけの働きはあると本当に思う?

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は、グーグルに関する記事から一文を
抜き出しました。

 

グーグルは起業当初にかかげた、
革新性や機敏性という文化を常に維持しようと
努力してきたそうです。

 

その努力として例えば、立派なオフィスだったり、
高い給与だったり、自由な雰囲気だったそうです。

 

それが、今や12万人を超える正社員を抱え、
規模が大きくなったため、小回りがきかなく、
機敏性にかけてきているそうです。

 

そしてそれが結果的に、イノベーションの欠如に
つながっていくことを、危惧しています。

 

政治的な抑え込みもあるようです。

 

それでも、検索エンジンやGmailなど、
すでに生活に必要不可欠な技術を生み出した
グーグルに今後も期待し続けてしまう私です。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!