「不確実性」と「様子見」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「不確実性」と「様子見」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

それでは、今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はHarvard Business Review
から選びました。

 

You’re Not Powerless in the Face of Uncertainty

https://hbr.org/2020/03/youre-not-powerless-in-the-face-of-uncertainty

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「あなたは無力ではない/ 不確実性に直面して」
となります。

 

「不確実性」ってなんだか難しい響きですね。

 

ちょっと調べてみました。
いろいろな説明がありましたが、

 

私が一番分かりやすかったのは、
「リスクは予想するもので、
不確実性は予測できないもの」

 

という説明です。

 

誰も数ヶ月前に、今のこの新型コロナウイルスによる
大混乱は予想できなかったでしょう。

 

世の中、不確実性に溢れていますが、
そんな中でも不確実性にうまく対処する方法が
この記事では語られています。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

For the last few years,
I’ve been studying how we develop
the capability to deal with uncertainty ―
to find the possibilities and opportunities
within the unknown, rather than
to panic and retreat from risk.

 

【pick-up vocabulary】

 

[capability]

意味:能力
例文:You have the capability to do this job well.

 

[deal with]

意味:~を処理する・~に取り組む
例文:We must deal with the situation.

 

[retreat]

意味:逃げる・撤退する
例文:You cannot retreat from your
responsibility in this affair.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

において、

 

S1 (主語):I

V1 (述語):’ve been studying

how節内

S2 (主語):we

V2 (述語):develop

 

になります。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

 

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

For the last few years,
この数年間

I’ve been studying
私は研究し続けてきた

how we develop
どのように私たちは発達させるのかを

the capability
能力を

to deal with uncertainty ―
不確実性を処理するための

to find
見つけるための

the possibilities and opportunities
可能性と機会を

within the unknown,
未知の領域で

rather than
(以下)ではなく

to panic and
パニックするためや

retreat from risk.
リスクから逃げるため

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

For the last few years,
I’ve been studying how we develop
the capability to deal with uncertainty ―
to find the possibilities and opportunities
within the unknown, rather than
to panic and retreat from risk.

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

この数年間
私は研究し続けてきた
どのように私たちは発達させるのかを
能力を
不確実性を処理するための
見つけるための
可能性と機会を
未知の領域で
(以下)ではなく
パニックするためや
リスクから逃げるため

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「on the fence」
を取り上げます。

「on the fence」とは
「どっちつかず」
「決められない」「様子見している」

 

という意味です。

 

直訳すると、「フェンスの上で」となります。

 

フェンスによって区切られた選択があるとして、
あなたはフェンスの上で、どっちにしようか
「迷っている」
そんな状況を思い浮かべて下さいね。

 

動詞にbe動詞やsitが使われることが多いです。
例文を見ていきましょう。

 

I’m still on the fence.
まだ決めてないよ。

He tends to sit on the fence at meetings.
彼は会議の場で、どっちつかずになる傾向がある

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は、不確実性の対処法についての記事を
取り上げました。

 

いくつか対処法が書かれていましたが、
私が気に入った方法は、
「自分がヒーローを演じる」
という方法です。

 

スターウォーズ、ハリーポッター、
日本のアニメでは海賊王や大将軍など、
ヒーローは障害を乗り越えて強くなり、
最後は自分の目標を達成します。

 

あなたが成長する過程でも、
あらゆる障害があなたに襲いかかってきます。

 

でもあなたはヒーローだから、
こんな障害も乗り越えて行けるんです!

 

障害は「STOP」の合図ではなく、
「GO」の合図だと筆者は伝えています。

 

先の見えない不確実性の世の中ですが、
ご自身に投資して、パワーアップしていきましょう!

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

 

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!