「どちらかを選ぶ」と「責任転嫁する」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、「どちらかを選ぶ」と「責任転嫁する」
というフレーズを取り上げます。

 

それでは、今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はThe New York Timesから
選びました。

 

The World Reopens,
Despite Skyrocketing Coronavirus Cases

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「世界の反応、
急増する新型コロナウイルスの件数にもかかわらず」

 

となります。

 

新型コロナウイルス関連の記事を読むと、
「case」
という単語をよく目にします。

 

これは「症例」とか「患者」という意味です。
「new cases」とか「confirmed cases」という
形でよく使われています。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

Governments, forced to choose between
watching citizens die of the virus or
watching them die of hunger,
are loosening lockdowns.

 

【pick-up vocabulary】

 

[force to 原形]

意味:~することを迫る
例文:She was forced to retire early from
teaching because of ill health

 

[choose between A or B]

意味:AかBかどちらかを選ぶ
例文:She had to choose between giving up
her job or hiring a nanny.

 

[loose]

意味:緩める
例文:The anger I had feared was loosed.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

Governments, forced to choose between
watching citizens die of the virus or
watching them die of hunger,
are loosening lockdowns.

 

において、

 

S1 (主語):Governments

V1 (述語):are loosening

 

となります。

 

今回のピックアップセンテンスは、
主語と述語が少し離れていて、その間に、
カンマでくくられた文章が入っています。

 

この部分は、直前にある主語の補足説明と
考えられます。

 

そしてこのカンマ内には、
「watch +目的語 +動詞の原形」
という形が2つあります。

 

お気づきの方もいるかも知れませが、
これは知覚動詞の用法です。

 

「watch +目的語 +動詞の原形」で
「目的語が~するのを見る」
という使い方です。

 

それでは次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに直読直解
の日本語訳を付けて、文全体の意味をとっていきます。

 

Governments,
政府は

forced to choose between
どちらかを選ぶことを迫られた

watching citizens die of the virus
国民がウイルスで死ぬのを見るか

or
それとも

watching them die of hunger,
彼らが飢えで死ぬのを見るか

are loosening
緩めている

lockdowns.
ロックダウンを

 

Governments, forced to choose between
watching citizens die of the virus or
watching them die of hunger,
are loosening lockdowns.

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

Governments, forced to choose between
watching citizens die of the virus or
watching them die of hunger,
are loosening lockdowns.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

政府は

どちらかを選ぶことを迫られた

国民がウイルスで死ぬのを見るか

それとも

彼らが飢えで死ぬのを見るか

緩めている

ロックダウンを

 

一度で完璧な英文には戻せません。
何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「pass the buck」
を取り上げます。

「pass the buck」とは
「責任転嫁する」
という意味です。

 

「buck」はいろいろな意味がありますが、
ここでは「責任」という意味です。

 

buckが責任という意味を持つようになった
由来はポーカーにあるそうです。

 

私はポーカーの事は詳しくありませんが、
ディーラーの目印として、鹿(=buck)の柄の
ナイフを使ったことから、

 

buckに責任という意味が生まれたそうです。

 

直訳すると、
「責任を渡す」
となります。

 

これを分かりやすく言うと、
「責任を転嫁する」
という意味になります。

 

それでは例文を見ていきましょう。

 

Don’t pass the buck to me.
私に責任転嫁するな。

It was his mistake but
he tried to pass the buck to another manager.
それは彼のミスだったが、
彼は他のマネージャーに責任を転嫁しようとした。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は、経済活動かロックダウンかの選択を
迫られた政府に関する英文を取り上げました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために
たくさんの国がロックダウンを行いました。

 

死者を減らすため、医療崩壊を防ぐため、
経済活動よりもロックダウンを選びました。

 

しかし、ロックダウンによる経済への影響も
大きいことを、誰しも体験しました。

 

東京の感染者数も増えてきました。

 

緊急事態宣言の再発令も話題になるでしょう。
心のどこかで、いつかまたコロナ前の生活に
戻れると思っていましたが、
それも難しいものだと私は感じてきました。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!