「ありのままの事実」と「振り出しに戻る」by 実践!ビジネス英語

皆さん、こんにちは!
ビズ英アップ!スクール代表
ビズ英トーク担当講師の羽桐です。

 

今日もビジネス英語の学習を
進めていきましょう。

 

末尾に動画講座も用意して
いますので是非ご活用ください!

 

====================
ビジネス英語を学んでも話せない理由とは?
https://sbcglobal.jp/method-lp/
=====================

 

今日は、
「ありのままの事実」と「振り出しに戻る」
というビジネスフレーズを取り上げます。

 

まずは、ビジネスを題材にした記事から、
実践的な英語を学んで行きましょう。

 

【Today’s Business article】

 

今日の英語記事はHarvard Business Review
から選びました。

 

How to Overcome Your Obsession
with Helping Others

https://hbr.org/2020/02/how-to-overcome-your-obsession-with-helping-others

 

タイトルを日本語に訳すと、

 

「克服の仕方
あなたの執着を
人を助けることへの」

 

人を助けることは、良いことですよね。

 

でも、タイトルからは、「obsession:執着」
の響きの通り、人助けが少しネガティブに
表現されています。

 

成長を促すための部下への助言などをし、
喜ばれることに快感を覚えることがあります。

 

専門家によると、人助けにより感謝されると、
セロトニン・ドーパミンなどが分泌され、
幸福を感じ、繰り返そうとするそうです。

 

そしてこれがエスカレートすると、
必要以上に助けてしまい、
かえって部下の成長に悪影響を与えてしまう

 

こんなことを、今日の記事では指摘しています。

 

それでは、今日のピックアップセンテンスを
見ていきましょう!

 

【pick-up sentence】

 

今日のPick-up sentenceは、
記事の本文中から、次の英文を選びました。

 

A coach or consultant’s greatest value to
a client is their ability to see and offer
the unvarnished truth,
no matter how difficult it is to hear.

【pick-up vocabulary】

 

[ability]

意味:能力
例文:He has the ability to control the situation.

 

[unvarnished truth]

意味:ありのままの事実
例文:It’s optimistic to expect a politician
to tell you the unvarnished truth.

 

[no matter how]

意味:たとえどんなに~でも
例文:No matter how hard it is,
just keep going because you only fail
when you give up.

 

英単語を何度も発音しましょう。

 

発音しながら、日本語から英語へ
変換することで、
英単語が自分の言葉になっていきます。

 

【英文の構造分析】

 

英文を理解する際には、
英文の主語と述語を正確に見つけ、
英文全体の構造を理解することが大切です。

 

ピックアップセンテンスを使って
主語と述語を見つけるトレーニングを
行いましょう。

 

において、

 

S1 (主語):A coach or consultant’s greatest value

V1 (述語):is

S2 (主語):it

V2 (述語):is

 

になります。

 

それでは、次の直読直解式の日本語訳で
この英文の意味を確認しましょう。

【直読直解式 日本語訳】

 

ここでは、ピックアップセンテンスに
直読直解の日本語訳を付けて、
文全体の意味をとっていきます。

 

A coach or consultant’s
コーチやコンサルタントの

greatest value
最大の価値は

to a client
顧客に対する

is their ability
彼らの能力である

to see and offer
見て提案すること

the unvarnished truth,
ありのままの事実を

no matter how difficult
たとえどんなに難しくても

it is to hear.
聞くことが

 

【音読トレーニグ】

 

それでは、意味理解ができたところで、
音読に入りましょう。

 

音読は意味理解が伴った状態で、
目の前の誰かに話しかけているように、
感情を込めて行いましょう。

 

音読回数の目標は5回です。

 

A coach or consultant’s greatest value to
a client is their ability to see and offer
the unvarnished truth,
no matter how difficult it is to hear.

 

【日本語→英語へ変換トレーニング】

 

それでは、さきほどの日本語訳を
英文に戻してみましょう。

 

日本語訳はこちらです↓

 

コーチやコンサルタントの
最大の価値は
顧客に対する
彼らの能力である
見て提案すること
ありのままの事実を
たとえどんなにつらくても
聞くことが

 

一度で完璧な英文には戻せません。

 

何度も何度も挑戦してください。

 

挑戦することで、英語の感覚が
身についてきます。

 

【Today’s business expression】

 

今日のBusiness expressionは、
「back to square one」
を取り上げます。

「back to square one」とは
「振り出しに戻る」

 

という意味です。

 

squareは四角や広場という意味がありますが、
ここでは、チェスや将棋、すごろくなどの
マス目を想像して下さい。

 

square oneで一番最初のマスという意味で、
「振り出し」
という表現になります。

 

そして、「back to square one」全体で、
「振り出しに戻る」

 

という意味になります。

 

以下に2つ例文を用意しましたので、
例文を通して、理解を深めていきましょう。

 

Let’s go back to square one and try again.
振り出しに戻って、もう一度やってみよう。

Unfortunately, if things go wrong
we go back to square one.
残念ながら、もしも物事がうまく行かなったら、
私達は振り出しに戻ります。

 

本日の動画講座はこちらです!

 

 

【編集後記】

 

今日は人助けのネガティブな一面についての
記事を取り上げました。

 

大人になると、怒られることも減りますね。

 

そんな中でも、何かを指摘してくれる上司や
同僚は大切な存在です。

 

このような人たちは、あなたの成長を助けて
くれることも多いです

 

一方で、自分が成長しない、または成長する気
がない人の中には、他人の成長を邪魔しようと
必死になる人もいます。

 

あなたが英語学習に本気に取り組もうとした時に、
あなたのやる気をそぐような発言をする人は
いませんか?

 

もしいるようでしたら、
英語が身につくまでのしばらくの間だけでも、
距離をとったほうが良いかも知れません。

 

今日は以上です。
ありがとうございました!

ビズ英アップ!スクール公式メディアをフォローして英語力アップ!

無料講座 英語上達の鉄板365ケ条

英語に上達するための鉄則を毎日無料でお届けしています。
あなたの英語ライフに是非ご活用ください!